本物の木の家って? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

鈴木 克彦
株式会社マクス 代表取締役
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本物の木の家って?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
板倉造り工法の住宅
「木の家」とか「自然素材の家」という言葉は、逆に言うとそれを言っていない会社がないぐらいに普通に言われる言葉となりました。

じゃぁ、そもそも木の家とか自然素材の家って何?

そう考えると、私はこんな風に思います。


例えば床。

一般にフローリングと言いますが、無垢のフローリングと普通のフローリング、何が違うんでしょう?

無垢のフローリングは、桧・杉・桜・栗・欅と言った、木そのもので出来ています。

対して、通常言われる普通のフローリングは、本物の木の部分は、表面の1ミリ。
残りは合板、つまりベニアです。

ベニアには、当然接着剤が使われますし、接着剤からは、ホルマリンなどの揮発性有機物質が発散されます。

接着剤は、ご存じの通り、湿気でいつしかダメになり、結果床がブカブカする…、
と言う事になります。


もちろん、床暖等の熱に強いとか、収縮性が低く安定しているとか、表面にプラスチック樹脂を塗って傷を付きにくく加工してあるとか、利点も沢山あります。

でも、本当の意味で木の家かどうかというと、木目"調"と言うくらいで、"木の家調"と言う感じがしてなりません。


同じように、構造材が集成材で、仕上げに壁に薄い木を貼って、はぃ、木の家のできあがり、と言うのにも、違和感を覚えます。


そんな意味で、板倉造りの家は、本物の木の家であると自信を持って言う事が出来ます。


さて、実際に"板倉造り"工法の家を見てみたい、と言う方は、いよいよ明日、構造見学会がございますので、是非ご自身の目で、ご自身の鼻で、ご自身の手で、確かめてみて下さい。

詳しくはこちらです。
http://profile.ne.jp/pf/k-suzuki/column/detail/22811