日銀の金融政策発表される! - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日銀の金融政策発表される!

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

こんにちは!

今日から連休開始と言う方も多いかもしれませんね。

さて、注目されていた27日の日本銀行の金融政策決定会合で、追加の金融緩和が発表されました。

主な内容としては、

1.  資産買い入れ基金を5兆円増額し70兆円へ

2.  短期資金の供給を5兆円減らし、長期国債の買い入れ枠を10兆円に拡大

3.  ETFの買い入れ2000億円、REIT100億円増加

4.  買い入れ対象の長期国債の残存期間を「1-2年」から「1-3年」に拡大

5.  基金の買い入れ時期を2013年6月末まで半年延長

6.  事実上のゼロ金利政策の維持

などとなっています。

目的としては、日銀が金融機関からより多くの国債などを買い入れ、市中に出回るお金の量を5兆円増やすことによって、景気を刺激し、日銀がインフレ目標に掲げる「1%の物価上昇」に近づけるのが狙いと言えます。

日銀が2月に1%の目標を示して以降、政府や与野党から追加緩和を求める声が出ていた中で、今回の決定は、政府からも一定の評価が上がっています。

ただ、日銀側からも、政府に対して「財政再建と成長戦略の取組み」を強く求めた内容となっています。

当たり前のことではありますが、金融政策と財政再建策がセットで機能しなければ、日本の“将来像”を描くことはできません。

後は、政府側の取組みに注目が集まるところです。

2010年10月に始まった日銀による資産買い入れ基金ですが、当初35兆円だった枠は、5回にわたり増額し、今や倍の70兆円となりました。

また、導入時1.5兆円だった長期国債の買い入れが、今回29兆円と15倍にも膨らんでいます。中央銀行による国の借金の買い入れは、日本の国の財政不健全化の象徴ともいえるでしょう。

今回の発表により、銀行などが余剰資金をさらに長期国債へシフトし、10年物の金利はついに“0.9%”をきりました。

目先は、安定した低金利がさらに継続しているようですが、私には金利上昇に転じた時の“痛み”が増幅しただけのようにも感じています。

いずれにしても、時間はそうあるわけではありません。

政府の財政再建への取組みと、個人の生活への“備え”だけは、のんびりしている状況ではないということだと思います。

GWの予定がまだ決まっていない方は、この時間を利用して、しっかり「資産運用」の計画を練ってみてはいかがでしょうか。

ネットで、自宅に居ながらにして勉強されたい方は、是非、以下のサイトもご参考としてください(笑)

http://www.ifa-media.net/

では、良き連休をお過ごしください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「資産2995兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/02/08 14:58)

「日本企業、無借金経営!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/06/08 16:05)

国の借金、959兆円に! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/05/11 16:12)

「100年」経っても、大丈夫!? 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2010/10/09 18:40)

インフレ時代の現金と預貯金のリスク 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/23 16:15)