第7夜「不動産の尺貫法 その1」 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

徳田 里枝
株式会社リッチロード 代用取締役
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第7夜「不動産の尺貫法 その1」

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
不動産の広さを示す「坪」は、古くから使われている「尺貫法」での表示です。

1坪(つぼ) = 1辺の長さが1間 × 1間の、正方形の広さ です。 
1間(けん) = 6尺 の長さでして、
1尺(しゃく)= 10/33m です。

ですから、1坪 = およそ3.3平米なのです。
と書いてまいりましても、全くイメージが湧きませんね。

弊社でも新しく入社した社員さんには、次のように教えます。

「1坪で、およそタタミで2枚」 だよ。

すると、「アー、この部屋は3坪だから、6畳なんですネ!」と、ガゼン張り切り出します。

若い方たちの想像できるお部屋の広さは、せいぜい10畳がイッパイのところのようです。
これでは大きなお仕事ができませんね。


アパート経営・マンション経営のリッチロードWEB



不動産売却・不動産査定のリッチロード不動産売却WEB