更年期では、どうして冷えたりのぼせたりするの? - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

手塚 幸忠
鍼灸マッサージ治療室 銀座ルーチェ 副院長
東京都
鍼灸マッサージ師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2017年06月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

更年期では、どうして冷えたりのぼせたりするの?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
東洋医学で病気を治す 更年期をすこやかに
更年期障害の一つに、身体が冷えたりのぼせたりする症状があります。

東洋医学では、心身のバランスは、陰(いん)と陽(よう)のバランスに
よると考えています。

陰は身体を冷やす力、陽は身体を温める力をいいます。更年期にはこのバ
ランスが崩れる人が多いのです。陰の力が衰えると、身体を冷やす力が少
なくなってしまうので、身体がほてったり、顔がのぼせて汗が出たり、め
まいや耳鳴りなども冷やす力が少なくなることで生じる症状だと考えます。

逆に陽の力が衰えると、足腰が冷えたり、トイレが近くなったり、元気が
なくなったりします。

鍼灸や漢方などの東洋医学の治療は、この足りなくなった陰や陽の力を補う
治療を行っています。鍼灸で使う「ツボ」とよばれる身体の点には色々な効
力があり、陰陽の力を補うことができるのです。

西洋医学で治らなかった病気が、東洋医学で治る場合があるのは、このよう
に病気に対する見方が全く違うので、西洋医学からは思いもよらない効果
が出る時があるのです。