ゴルファー向け腰痛の痛みを緩和するエクササイズその3 - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルファー向け腰痛の痛みを緩和するエクササイズその3

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

少し間があいてしまいましたが、今日はまた、ゴルファー向け腰痛対策のピラティスをご紹介したいと思います。


<ご参考>

腰痛ゴルファー向けオススメエクササイズその1:キャットストレッチ

腰痛ゴルファー向けオススメエクササイズその2:椅子に座った行うロールダウン


<ソー>

「ソー」とは英語でのこぎりの意味です。背中全体のストレッチになりますので、気持ちよく背中から腰にかけてをのばしていきましょう。

1)長座で両足を肩幅より少し広めに開きます。(この時に腰がつらいときはお尻の下にクッションやスモールボール等をひいてみましょう)

膝は伸ばし、足関節は背屈(フレックス)、肘を伸ばして肩の高さまであげて広げます。

2)鼻から息を吸って口から息を吐きながら、骨盤は安定させ、背骨を中心に上半身を右にねじります。

さらに息を吐きながら左手の小指と右足第5指(小指)をすりあわせるように前屈。

後ろの腕もしっかり伸ばし、目線は後ろの手を見ましょう。

ポイント:最初に上半身を右にねじってから斜め前に倒します。この時に左のお尻が上がらないように、お尻はしっかり床をプッシュしておきます。

3)息を吸ってセンターに戻ります。左も同様に行います。ここまでで1セット。左右5回ずつ行いましょう。


全身を使って背中からお尻までシッカリ伸ばしていきましょう。

腰痛の方は特に腰椎からお尻、太ももの裏側(ハムストリング)が硬くなっていますので、このエクササイズは後ろ側をしっかり伸ばすことができるので、とてもお勧めです。

ちょっときつい場合は両足を少し狭めてからやってみてください。


このコラムに類似したコラム

骨盤調整でゴルフも快適!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/12/17 23:50)

腰痛ゴルファーの皆様、腰の周りの筋肉はゆるみましたか? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/12/14 20:55)

肩甲骨でクラブを上げられるようになるためのゴルフピラティス④ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/10/08 09:10)

ゴルフに必要な下半身柔軟性アップのゴルフピラティスその3 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/06/18 20:50)

ゴルフに必要な下半身柔軟性アップのゴルフピラティスその2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/06/15 22:53)