多数の保険会社を扱えるから、中立的コンサル? - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

多数の保険会社を扱えるから、中立的コンサル?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
落とし穴シリーズ
「保険営業職の所属する保険会社の商品提案が、必ずしも消費者ニーズを満たしているわけではないから・・」
という前提なら、掲題自体は、決して間違いではありません。

しかし、特定の保険会社に所属している営業職の方=中立的コンサルティングができないと決め付けるのは、正しくはないと私は思います。

重要なことは、商品提案の前に、消費者のニーズ、そして優先順位を確認するという工程が、きちんとなされているかどうかなのです。

この工程をショートカットして、保険商品のパンフレットを手裏剣のように何社も出して、検討させることが、多数社乗合代理店でなされていますが、これでは、もはや中立的コンサルティングとは言えません。

商品提案や設計書提示の前に、十二分にヒアリングが行われ、そのニーズと優先順位が、どうように加味され、設計書に生かされているのかが、重要です。

ここをしっかり見極めて、ご自身固有の担当者を厳選すべきではないでしょうか?