死亡保険⑤貯蓄型保険の種類 - 保険選び - 専門家プロファイル

佐野 明
VSPファイナンシャル株式会社 
愛知県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

死亡保険⑤貯蓄型保険の種類

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
個人保険 死亡保障の考え方

貯蓄型の保険にも色々なタイプがあります。

・一般的な終身保険
払込みが終わるまでは、貯まっている部分は払い込んだ総額よりも“やや”低く、払込みが終わると、払い込んだ額と同じくらいになり、その後増えていきます。貯まる額、保障額に比べた保険料は最も高いですが、働けなくなった状態に対する払込み免除のついた商品が多く、最も安全です。

・低解約返戻金型終身保険
払込みが終わるまでは貯まっている部分は払い込んだ総額よりも“かなり”低く、払い込みが終わると、払い込んだ額より多くなり、その後増えていきます。貯まる額、保障額に比べて保険料は安いです。払込み免除のついた商品が多く、割と安全です。

・ドル建て低解約返戻金型終身保険
円建てのものと同じで、払込みが終わるまでは貯まっている部分は払い込んだ総額よりも“かなり”低く、払い込みが終わると、払い込んだ額より多くなり、その後増えていきます。円建てのものより、利率がいいです。
ただし、支払い保険料も解約返戻金も、ドルで固定されているため、為替リスクがあります。
例えば、1ドル=80円の時の保険料が8000円であったのに、1ドル=120円になると、保険料が12000円にあがります。
また、解約返戻金もドルベースでは、払込保険料を必ず超えますが、解約するときが円高か円安かによって、為替リスクもリターンもあります。
うまく円安の時に解約すれば、いいのですが・・・

・低解約返戻金型定期保険
定期保険でも解約返戻金はあります。このタイプも低解約返戻金型終身保険と同様、払込みが終わるまでは貯まる額を抑えておいて、払込みが終わると払い込んだ額より多くなり、その後増えていきます。終身と違うところは、最終的に保険期間が終了すると解約返戻金はゼロになりますので、解約し忘れると台無しです。増える額は低解約返戻金型終身保険より多いのですが、払込み免除のついた商品が無く(範囲が狭い)、他2つの商品と比べるとハイリスク・ハイリターンになります。つまり、保険金額・貯蓄金額に対して保険料が最も安いです。

・変額終身保険
死亡保険金と解約返戻金が、契約者が選択する運用実績によって上下する保険です。
運用方法は、日本株式、世界株式、日本債券、世界債権、など複数の中から運用割合も含めて選択できます。例えば、世界株式50%、日本株式25%、世界株式25%といった具合です。運用割合の切り替えは、随時行えますが、月1~2回といった制限があります。
解約返戻金は、運用実績の変動により増えることもありますが、減ることもあります。積立として考えるとハイリスク・ハイリターンです。ただし、死亡保険金は、運用実績によって、増えることはあっても、減ることはありません。

・変額定期保険
解約返戻金と死亡保険金、運用方法などは、変額終身保険とほぼ同じですが、終身の死亡保障ではないので、60歳など最初に決めた保険料満了時で、強制的に解約されます。変額終身保険は、死亡保険としてもっておけば、支払い保険料の総額より、多くご家族が受け取れますが、こちらの保険は払込満了時に、強制解約となりますので、非常にリスクが高いです。債権100%で運用すれば、間違いなく元本以上戻って来ると言われて加入している方も、いらっしゃいますが、債権の売買による運用なので、元本確保されているわけではありませんので、要注意。

これらの商品は会社ごとに持っている・持っていないがあります。
一般的な終身保はだいたいどこの会社でもありますが、低解約返戻金型終身や低解約返戻金型定期は持っている会社が限られます。

低解約返戻金型終身は、あいおい生命、富士生命、きらめき生命、あんしん生命、アリコ、アフラックあたりで、支払い年数や目的によって使い分けが異なります。

低解約返戻金型定期は、あいおい生命、アクサがあります。

変額終身保険は、ソニー生命などが扱っています。

 積立型の保険のデメリットは、頑張って15年払うつもりで高めの保険に加入しても、途中で挫折して解約すると払った金額の半分くらいしか戻ってこない点にあるので、今から「大丈夫かな?」と思う金額ではじめるのではなく、余裕が出来たときに余裕の範囲内で加入することをおすすめします。


これらの使い分けは単に高い・安いだけではどこを使うかを決めかねるので、保険商品をたくさん扱っている保険ショップで相談してみると良いかと思います。

このコラムに類似したコラム

死亡保険⑤貯蓄型保険の種類 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/06 16:00)

学資保険②お子様が生まれる前に入れるの? 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/20 10:00)

死亡保険④独身でも保険は必要?? 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/22 10:00)

学資保険②お子様が生まれる前に入れるの? 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/12 16:00)

死亡保険④独身でも保険は必要?? 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/30 16:00)