医療保険の選び方⑩もったいなくないガン保険の話 - ガン保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

佐野 明
VSPファイナンシャル株式会社 
愛知県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療保険の選び方⑩もったいなくないガン保険の話

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. ガン保険の加入・見直し
ガン保険の選び方

ガン保険は、ガンにならない限りは掛け捨てです。

ガン保険は、果たして必要でしょうか?


 最近の医療保険の多くには、高度先進医療特約がついていますので、もっともお金がかかる重粒子線治療、陽子腺治療などは 通算1000万円までは、保険会社が負担してくれます。
これらの治療は、自己負担で言うと一番大きなものになりますが、めったにお目にかからない治療でもあります。

 もっともメジャーな治療として放射線治療、抗がん剤治療などがありますが、最近はガンは長期の通院による治療が増えているため、入院した時にだけ支払われる医療保険だけでは、まかなえない可能性は確かにあります。
そこで、ガン保険がよく売れています。
 ご親類でガンにかかる方がよくいらっしゃるようであれば、やはり加入をお勧めします。

 ただし、ガン保険のデメリットは、ガンにかからないと、一円もかえってこない掛け捨てになることです。
 あまりガンになる方がいないけれど、万が一心配という方にはアフラックの三大疾病保障保険を、お勧めしています。
 この保険は、終身の死亡保障として200万円がありますから、死亡時には必ずご家族に200万円が支払われます。
 さらに、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中と診断された場合に、一回だけ200万円支払われます。
 アフラック→http://www.aflac.co.jp/syushin/sandai/detail.html

 30歳で60歳払込満了で加入すると、ご主人で4236円、奥様で3888円です。
 ご主人
 4236円×12ヶ月×30年=1524960円
 60歳までに152万円支払いますが、一生涯の死亡保障として200万円残ります。



 つまり、払った額以上は必ずご家族に戻って来る保険です。ご家族にガンが多くて、しっかり安心して治療にあたりたい方は従来のガン保険がお勧めですが、こういう保険も選択肢に入れたほうがいいと思います。

このコラムに類似したコラム

もったいなくないガンの保障。 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/04 03:57)

アメリカンファミリーから女性向けのがん保険が発売 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/17 23:33)

ガン保険について思うこと 築地 聡 - 保険アドバイザー(2010/04/07 22:19)

保険のプロが入るがん保険、とうとう販売終了 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/25 14:03)

加入しているがん保険、がん治療の実態に即しているのか? 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/02 15:00)