住宅ローン減税の拡充検討 - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン減税の拡充検討

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

2014年4月に計画している消費税率の引き上げにあたり、

政府は住宅ローン減税を拡充する方向で検討しているようです。

現行の住宅ローン減税は2013年末までの入居で期限を迎え、

最高控除額は10年間で200万円 (長期優良住宅、認定省エネ住宅は300万円)となっています。  

この制度を延長することは ほぼ間違いなさそうですが、

控除額の引き上げ幅や控除期間等はこれから議論される見通しとのこと。

過去に消費税を引き上げた時も控除額の引き上げが実施されているので、

今回はどこまで拡充されるのか興味津々です。


また、住宅ローン減税と併せて住宅購入時の補助も政府は検討しているそうです。

具体的な案は出ていないようですが、省エネ住宅を普及させるためにも、

「住宅エコポイント」 の活用が現実的なのではないでしょうか?


マイホーム購入予定者にとっては、増税前に購入するのか否か、非常に悩むところですね。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

住宅ローン減税の盲点 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/02/11 20:16)

2013年度 税制大綱決定 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/01/26 20:10)

住宅ローン減税今後どうなる <続編> 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/08 17:14)

住宅ローン減税は今後どうなる? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/28 15:00)

省エネ住宅 住宅ローン減税を拡大 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2011/11/27 10:00)