「東京散策」スカイツリーと玉川上水 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「東京散策」スカイツリーと玉川上水

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●Coffee Break

隙間があれば、高いところに上れば、東京の何処からでも見えるスカイツリー。その存在感は圧倒的です。
初めは、カタチに魅せられます。三角形の底辺から徐々に円形に変化するフォルムの美しさと大胆さ。その美しさに見惚れて近くに寄るとまた別の驚きを見せます。曲面と曲面を溶接で繋ぎ合わせるその技術。一般に考えるほど簡単ではありません。溶接すると、基材が膨張します。膨張した状態で溶接が進みますから、溶接が完了して基材が冷えてくると収縮を始めて、接合部に溶接歪みが生まれます。その歪みを直していかないことには、当初のカタチにはなってくれません。スカイツリーはその連続体なのです。唸ったまま暫くツリーの麓から動けませんでした。
平成の一大事業として、後世まで圧倒的な存在感と共に受け継がれて行くだろうと思います。

場所は変って西東京。
江戸時代の一大事業を見てきました。玉川上水です。
江戸時代、江戸の水不足を解消させる為、多摩川の上流から水路を切り開き、江戸の市中に水を引きこむ土木工事です。その延長は40kmを越え、今でもその一部は現役で使われています。上水の横が並木道になっていて、木の大きさ、古さがこの上水の歴史を物語っています。断続的にはなっていますが、この木のトンネルにも圧倒されます。元々は人の植えた並木ですが、今は自然と同化して命あるものの美しさを示してくれます。スカイツリーが如何に素晴らしくても、元々が命の無いもの。出来た時が最も美しく、後は人が手を加えない限り、朽ちるしかない運命です。
何百年と美しさと機能を保っている、玉川上水の見事さに別の意味で感銘を受けた旅でした。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

このコラムに類似したコラム

カナダの住宅事情 横田 之宏 - 建築家(2011/07/31 11:08)

小さなテラスハウス 写真撮影 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/02 04:00)

東京タワーと桜 松永 隆文 - 建築家(2016/04/02 17:57)

時代の流とともに変わるもの変わらないもの 大塚 泰子 - 建築家(2016/01/25 17:31)

イルミネーション 松永 隆文 - 建築家(2015/12/23 11:43)