股関節の柔軟性アップのピラティスエクササイズその3 - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

股関節の柔軟性アップのピラティスエクササイズその3

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフピラティス

こんにちは、ゴルコア/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


股関節の柔軟性をアップするピラティスを2つご紹介させていただきましたが、いかがでしょうか?

なかなか一日、二日ですぐにやわらかくなるほど即効性は難しいのですが、毎日少しずつ継続されることにより、股関節周りはやわらかくなってきますので、是非続けてみてください。

今日も早速、股関節の柔軟性を高めるエクササイズをご紹介します。

 

ご参考:股関節を広げるストレッチ股関節を閉じるストレッチ


<レッグサークル>

1)仰向けに寝ます。両手は45度の角度にセット。骨盤は床と並行、背中と床の間は掌が入るぐらいのスペース。あまり腰が反らないように気をつけましょう。

2)右膝を立てます。鼻から息を吸って口から息を吐きながら、右脚を天井の方に持ち上げます。お尻が浮かない角度でOKです。

3)息を吸って吐きながら右脚を内側からゆっくりまわしていきましょう。

ポイント:左の骨盤が浮きやすいので、左手で抑えてあげましょう。しっかり左の骨盤を安定させて、右脚を回しましょう。

お腹の力で丁寧に回していきます。反動でまわわないように注意。

4)内回り5回、外回り5回、回していきましょう。

5)左脚も同じように内回り5回、外回り5回、回します。

ポイント:回していない側の骨盤、特に腰骨が浮かないように、支えておきます。脚に力が入ると、脚で回してしまうため、脚が重たくなってしまいます。

脚を支えるお腹で、コントロールしながら股関節を動かしていきましょう。

お腹のエクササイズにも効果的です。


脚が重たい、骨盤が安定しないという方は、膝を曲げて行いましょう。膝を曲げても十分効果はあります。




このコラムに類似したコラム

股関節柔軟性アップのピラティスエクササイズその2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/04/19 13:25)

ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その5 足のラインを整えましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/04/10 22:32)

お正月明けからのカラダ改造計画第二弾-ぽっこりお腹をひっこめる 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/01/07 21:56)

年末年始の食べ過ぎを防止する方法は? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/12/28 23:00)

股関節の動きがスイングパワーにつながるゴルフピラティス③ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/06 22:39)