貿易赤字 4.4兆円! - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

貿易赤字 4.4兆円!

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、財務省より2011年度の貿易統計速報が発表されました。

 

輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は、4兆4101億円の赤字となりました。

 

輸出額は65兆2819億円で、前年比4%の減少となっています。

昨年の大震災の影響により、自動車などの輸出が減ったことが主要因と考えられます。

 

一方、輸入は69兆6920億円と、前年比12%の増加となりました。

こちらも原発の停止により、液化天然ガスの輸入が急増し、前年の5割増しの5.4兆円にまで膨らむとともに、原油価格の高騰も輸入額を押し上げる要因となりました。

 

世界経済の本格回復が見込めない中、「円高」も影響し、輸出の急回復は、望めそうにありません。

 

また、原発問題が解決の目途が立たないことから、国外へエネルギー資源を求めざるを得ず、しばらくは、貿易収支の“赤字”が続くのではないかと思われます。

 

高度経済成長期は、「貿易黒字」で経済を活性化させてきた日本ですが、ここにきて、明らかに日本の“ビジネスモデル”が変化してきました。

 

環境が大きく変わった以上、日本国内の様々な仕組みも、「環境適応」しなければならないのだと思います。

 

そして、言うまでもなく、「資産運用」のスタイルについても、変化が必要な時期がきていると“実感”しています。

 

企業はよく、「環境適応業である」と言われますが、個人の生活スタイルも全く同じです。

 

「変えてはならないもの」、「残すべきもの」、そして「変わらなければならないもの」など、きちんと整理する必要があるのだと思います。

 

まずは、“一歩”ずつでも、前に進むしかありませんね。

 

それでは、今週も、良き週末をお過ごしください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

中立的なアドバイザーによる 投資の基礎知識とETFの活用による国際分散投資セミナー 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/04/12 16:09)

資産運用における長期投資のメリットは複利にある 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/12 10:00)

資産運用は必要か?~資産運用を始める前に~ 【取材記事】 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/24 14:00)

資産運用に関するファイナンシャル・プランナーの限界と投資助言について 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/12/02 17:42)

シニアの資産運用 日本のETF(上場投信)マーケットで買えるものは少ない 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/12 16:12)