漢方相談について③ - 心と体の不調全般 - 専門家プロファイル

原田 愛子
漢方薬誠心堂 店長
東京都
薬剤師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

漢方相談について③

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 心と体の不調全般

今回は、漢方の相談時にどういったことを確認するのか紹介したいと思います。

ただあくまで一例ですので、全ての相談をこの流れで行っているわけではございませんので、

その点はご了承くださいませ。

①気になっている症状について具体的にお伺いします。

いつから?どういう時に?程度は?・・・

②これまでの治療履歴について

病院での診断は?使用している薬剤履歴は?経過は?・・・

③今回漢方を選んだ目的や期待について

漢方はいろいろな用途に効果が期待できますので、お客様がどういう目的で漢方を服用されたいかについて確認を行います。例えば、「体質改善がしたい。」「自然の方法で体調を整えたい。」など。

④既往歴、家族歴、アレルギー、常備薬、サプリメントについて確認をします。

⑤舌を見せていただきます。

ここは漢方相談でしか体験できない部分ですよね。

舌を見せて頂くことで、体質の状態を見ることができます。

ただ舌の状態が全てではありませんので、他の自覚症状などから総合的に判断します。

⑥体質のご説明と漢方薬のご紹介

これまでの相談から考えられる体質のご説明とその場合に適した漢方薬のご紹介をさせていただきます。

 

以上が、漢方相談の簡単な流れとなります。

もしお客様が漢方を服用してみようかなということになりましたら、

薬剤師による漢方薬の説明や服用方法の確認、費用のご説明・調整などを行います。

相談薬局は病院ではありませんので、お客様が気になさっていることについて、適した漢方薬のアドバイスや販売を行っております。

漢方は初めて服用される方が多くいらっしゃいますので、分からないことや不安なことが多いかと思います。

そういった不安や疑問も合わせての漢方相談ですので、まずはご相談いただけたらと思います。

 

このコラムに類似したコラム

漢方相談:皮膚のお悩み 原田 愛子 - 薬剤師(2012/04/27 17:00)

誠心堂薬局2012年4月 妊娠報告 林田 智成 - 薬剤師(2012/05/19 16:28)

鍼灸と漢方の併用について 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/04/28 12:46)

漢方相談:不妊症 原田 愛子 - 薬剤師(2012/04/26 16:01)

北京における中医診療について(1) 日色 雄一 - 鍼灸師(2012/01/23 10:40)