木造免震住宅は揺らせることよりも、固定させる方が難しい - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

木造免震住宅は揺らせることよりも、固定させる方が難しい

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●免震構造住宅

●木造住宅とその他の構造の免震支承(装置)の違い
免震支承は国交省告示で「ゴム」「滑り」「転がり」の三つに大別されています。
木造とその他の構造で何が違うのかと云いますと、重さです。木造住宅の重さは平米当たり2ton程度ですが、鉄骨造で5ton前後、RC造で10ton前後になります。階数にもよりますが木造は他の構造に比べて極端に軽いのです。その軽さに対応出来る免震支承は「転がり」が最も有利です。
「ゴム」「滑り」は重い構造の時に有効ですが、軽い構造の場合は有効に免震してくれません。
軽い構造の免震装置は、摩擦係数が低いほど有効に免震します。
●摩擦係数が低いと固定するのに苦労する
軽い構造でも、地震時に免震装置を有効に作動させようと思えば、摩擦係数が少ないほど有利ですが、摩擦係数が小さ過ぎると、地震以外の力に対しても建物が動き出します。港に浮かんでいる何万トンものタンカーが小さなタグボートに曳航されるのと同じ様に、摩擦係数が小さければ、そよ風が吹いただけで、ゆらゆらと動き始めます。こんな装置では家酔いを起こします。
●地震以外の力では作動しない免震支承が必要になる
木造免震住宅の場合、家を揺らす装置が必要なのは当然のこと、家を固定させる装置も必要になるのです。しかも、地震はいつ発生するか判りません。地震が発生した時電気等の外部からの力に頼る事も出来ません。外部動力に頼る事無く自律する固定装置が必要になるのです。繰り返し発生する余震にも対応し、動力に頼らなくても作動する固定装置こそが、木造免震住宅の生命線です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●免震構造住宅」のコラム

縦揺れで家が潰れるか(2013/11/10 23:11)

失礼な電話(2013/09/18 08:09)

このコラムに類似したコラム

本当に久しぶりの更新になってしまいました。耐震改修に取り組んでいます 木下 泰徳 - アップライフデザイナー(2016/10/01 15:02)

木造住宅の耐震診断 中舎 重之 - 建築家(2014/11/04 11:50)

木造住宅構造見学会を開催します。 福味 健治 - 建築家(2013/11/08 08:28)

地震と重さの関係2 福味 健治 - 建築家(2012/08/09 08:17)

地震と建物の重さの関係 福味 健治 - 建築家(2012/04/03 07:36)