インテリジェンスの報奨制度に学ぶ - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリジェンスの報奨制度に学ぶ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人材育成
中小企業診断士の長谷川です。こんにちは。
今日は報奨制度についてのお話です。

転職支援・人材派遣サービス大手のインテリジェンスの急成長の陰には、ある報奨制度の存在があるようです。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20071205/142416/

企業理念を実践できた社員を社員同士が投票し合って選ぶ報奨制度で、「DNA賞」と呼ばれています。

インテリジェンスのような急成長している企業は、創業当初の一体感が希薄になったり、社員急増への対応が追いつかず業務上の問題が多発するようになります。

インテリジェンスは急成長に伴う弊害に対応するために、原点である企業理念を見つめ直すことにしました。

企業理念は知っていても、実際の企業経営や日々の業務で意識されているでしょうか。よく「企業理念は社員に浸透しているかどうか」ということが議論の対象になりますが、経営者や社員の行動に反映されていないと意味がないですよね。

インテリジェンスのような社員同士が投票し合うような制度は、企業理念を覚えるのではなく、企業理念の意味を考えるような意識が自然と働くのではないでしょうか。

このようなインテリジェンスの考え方は、経営資源の乏しい中堅・中小企業にとって非常に参考になります。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)