インボイス方式 - 税務全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インボイス方式

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 税務全般
経営 会計・税務

前回からの続き、課税対象について。

消費税の多段階税率が採用されるとしたら、というお話です。

多段階税率の採用にはインボイス方式という仕組みが必須になります。


インボイスというのは伝票のことです。

この伝票の流れを使って消費税の流れも把握するという方式です。

税率の異なる商品やサービスに対して公平な課税を行うためには、

この仕組みがなければ現実的ではありません。


現在の日本には存在しない制度です。

これが採用されるようになると、実経済における物や金の流れが

明瞭化するとも言われています。

ただ馴染みのない仕組みなので定着には一騒動がありそうです。


消費税改正は消費税だけで済まない問題を色々と含んでいます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

消費税増税は何よりも影響が大きい 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/15 01:00)

意図を簡単に知っておこう 高橋 昌也 - 税理士(2012/03/20 01:00)

免税取引とは?消費税の課税取引の4区分 佐藤 昭一 - 税理士(2011/08/01 18:00)

消費税の国内取引を判断する際の内外判定について 佐藤 昭一 - 税理士(2011/07/05 11:21)

【消費税に軽減税率を導入するに当たっての検討課題】 近江 清秀 - 税理士(2014/06/16 07:00)