勝ちパターンの確立-PCログで分かるできる社員、できない社員- - コラム - 専門家プロファイル

渋田 貴正
株式会社アントレプライト 代表取締役 中小企業アドバイザー
東京都
組織コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

勝ちパターンの確立-PCログで分かるできる社員、できない社員-

- good

先日とある不動産会社で、売れる社員と売れない社員の違いはなんだろうと質問されました。

現場でのトークなど、属人的な能力の差が原因である場合は多々あると思います。
しかしそれだけでしょうか。私は売れる社員と売れない社員の違いは、業務の進め方にも原因があるのではないかと考えます。
業務をうまく分散させ効率的に進め、新規顧客開拓に力を入れている社員がいる一方で、なんでも自分で行ってしまうばかりに業務が滞り、新規顧客開拓まで手が回らない社員もいます。

しかし、その状況を経営者が把握するのは困難です。営業担当者が2,3人ならまだしも、10人ほどになってくると、業務の進め方まで把握するのは不可能に近いのではないでしょうか。さすがに一人ひとりにGPSをつけるわけにもいきません。

とはいえ、社員にまかせっきりでは業務は属人的になってしまい、企業は単なる個のカタマリになってしまいます。業務の一部始終を把握することは困難だとしても、どこかで窓をつくって、社員の業務が「見える」ようになることが必要です。

大まかでも社員の業務プロセスが把握できれば、なぜこの社員は成績がよいのか、売れない社員はどこが足りないのかといったことの原因がわかってきます。
これが把握できれば、業務プロセスの標準化も可能です。勝ちパターンのスタンダードモデルを構築し、社員に周知することで、企業全体の成長が実現できます。


一つ一つのプロセスを見てここのスキルが足りないというより、まずは業務プロセスを概観的に見て、できる社員とできない社員の違いを明らかにすることが必要です。
ここが明らかになったのち、弱いプロセスについては、なぜできないのか、どこが足りていないのかということを一つ一つ見ていくのが流れです。

業務プロセスの把握はITツールを使えば、ある程度は可能です。しかし、それが「見える化」されたあと、どのようにアクションをとっていくかが本当に重要な部分であり、経営者に強いリーダーシップが求められる部分でもあります。分析して社員の業務が見えるようになった、そこで満足しても何も変わりません。見えた後の取り組みこそが、その後の企業の成長にとっての要所となります。

中野区のプライト社会保険労務士事務所
中小企業の経営コンサルティング 株式会社アントレプライト

▼以下当社からのサービスのご紹介です。▼
社労士とシステム会社のコラボ!勤怠システム改革

社員の業務お見せします。見える化と社内セキュリティ強化の一台二役

社員の仕事ちゃんと評価できてますか?「平等」な人事評価制度で社員のモチベーション、業績アップ!

単なる代行屋じゃない。社長のお悩み解決します。だけどまずは給与計算代行・社会保険手続き代行で当事務所の質を確認してください。

このコラムに類似したコラム

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ5:その4 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/05/30 06:13)

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ5:その1 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/05/27 06:17)

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ2:その4 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/05/10 06:29)

「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その56 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/08/23 06:36)

店長のための「言える化」推進計画(その19) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/05/27 08:07)