逆進性についての理解 - 税務全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

逆進性についての理解

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 税務全般
経営 会計・税務

前回からの続き、課税対象について。

消費を中心とした課税について考えてみます。


逆進性という言葉は「低所得者ほど税負担が重くなる」というような

意味合いで使われていることが多い用語です。

しかしその理解は少し底の浅いものと言わざるを得ません。


当然ですが、消費税はものを多く買えば買うほど負担します。

高所得者と低所得者でどちらがより多くのものを買うのかは自明です。

極端、高級外車を一台購入すればそれだけで低所得者が

一年で負担する消費税を納税することも考えられます。

単純な納税額だけで考えれば、消費税を中心にしようとも

結局は高所得者が沢山の税金を負担することになります。


もちろん税負担を所得との比率で考えるとまた話は変わってきます。

高所得者ほどより多くの比率で税負担をすべきだ、という前提に立てば

確かに消費税は逆進性が高いと言えるかもしれません。


逆進性という言葉を語るときには、それぞれの論者が自分にとって

都合の良い意味合いで使っていることが多いです。

そのことは少し念頭において聴いて頂いた方が良いかと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

消費税ってどんな税?(3、物品税法の代わりに) 平 仁 - 税理士(2011/05/01 12:00)

リバランス化は必至か? 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/25 01:00)

消費税が税収源として優れている理由 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/24 01:00)

他の課税対象への拡充 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/18 01:00)

累進性と逆進性 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/12 01:00)