公的年金のリバランス、7~9月期に日本株に投資した理由 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公的年金のリバランス、7~9月期に日本株に投資した理由

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

昨日公的年金の損失についてご紹介しましたか、2011.12.06の日経朝刊17面に、国内株式への投資 公的年金、2年半ぶり増加。
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2011年7月~9月期に国内株式への投資を増やしたとの記事が掲載されています。

なぜ、7~9月期の運用成績が悪い時期に、その原因の一因である日本株式に投資するのでしょうか。
日本株が安いレベルになったために、購入するのでしょうか。

この場合には安い時に買って高い時に売るという、投資家の行動に成ります。
そのような理由もあるかも知れませんが、公的年金の購入は別の観点からの行動です。

それは、前回ご説明した資産配分方針から、大きく外れた際に行う、リバランス(資産配分方針に戻す)に基づくものです。

以前のコラムでご紹介しました通り、GPIFの基本ポートフォリオは国内債券67%、国内株式11%、外国債券8%、外国株式9%、短期金融資産5%です(GPIFのHPに)掲載されています。

一般投資家の資産配分はGPIFのポートフォリオを参考に
http://profile.ne.jp/w/c-71557/


しかしながら、資産運用は時々刻々資産の運用成績が変わってくるため、どうしてもこの基本方針から外れる資産クラスが出てまいります。今回で有れば、方針に対して国内債券は資産額比率が上昇し、国内株式の資産額比率が低下しています。
これを是正するには、国内債券を売却して国内株式を購入することに成ります。

なぜ、このようなリバランスという行為が必要になるかを申し上げると、毎年の運用成績で、各資産クラスの成績順位が変わります。

私が持つ資料でも、国内債券、国内株式、外国債券、外国株式の成績順位が毎年のように変わります。この結果リバランスをしないままでいると、去年運用成績が良くて、資産額が大きくなった資産が今年下落すると、リバランスした場合よりも損失額が大きくなり、そして昨年成績が悪くて資産額が小さくなった資産のが上昇しても、リバランスした場合よりも少ない額の上昇に成ります。

従いまして、投資の原則として、資産の割合が崩れた際には、リバランスすることが推奨されています。基準としては
1.毎年資産配分方針と運用結果を比較する
2.そして、資産クラスごとの方針との乖離が5%~10%出た場合
リバランスをお勧めしています。

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.ne.jp/w/c-64005/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

資産運用(5)ポートフォリオとは?(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/22 14:21)

資産運用講座 ~現代ポートフォリオ理論の基本的なメッセージ 松永 文夫 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/07 17:13)

FP継続教育セミナーのご案内 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/28 17:08)

証券、顧客資産約300兆円に増加(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/17 08:51)

「いまだ、個人金融資産の5.3%!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/11/28 12:04)