社内報のグローバル化 - 広報・PR - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報のグローバル化

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR

グローバル社内報として、どのような企画が良いのか

このごろこのような問い合わせが増えている

 

どうも難しく考えているようである

まずは、そもそも社内報を通じてなにがしたいのか、を考えてみる

 

同じ目標に向かってベクトルを統一したい

同じ会社の仲間として、協力しあいながら仕事ができる環境を作りたい

同じ会社の動き、出来事を共有したい、などがあるかと思う

 

国籍が異なると、そこには大きな壁があるように感じ、

今まで発行してきた社内報とは、どうも趣がことなるようである

 

数年前、グループ広報が叫ばれてきたときも同じようなことが言われていた

グループ社員のベクトルを統一したい

グループ企業が一丸となって、一致協力して目標を達成したい

グループの動きの情報共有

 

グループ会社がグローバルに広がっただけである

 

その際、ポイントとなったのは、

関係性を見せてあげる、接点を見せてあげることであった

自分との繋がりが見えてくれば、親近感も興味も持てる

 

同じような手法を取り入れるのであれば、

国籍が違えど、同じ会社で働く仲間である、

同じ目標を追いかけている仲間である、

究極は、同じ人間なのだ、ということを社内報を通じて分ってもらうことだ

 

例えば、会社の目標を、同じ想いで追いかけている姿を見れば、共感が生まれる

そもそもなんでこの会社に入ったのかが分れば、親近感がわく

お客さまに対する想いも共通点があるかと思う

 

このような、共感が持てるような、親近感が持てるような企画を掲載することで

その部分で話し合えば、接点がある

そのように分ってもらえる企画が、グローバル社内報に必要な企画ではないだろうか

 

社内報を通じて、分かり合える接点を示してあげる

グローバル社内報には、これが必要であると思う

最新 「社内報セミナー」のご案内はこちら → http://icomu.or.jp/?p=129

「社内報創刊」のための無料個別相談                   http://profile.ne.jp/s/s-3693/

「社内報リニュアル」のための無料個別相談            http://profile.ne.jp/s/s-3697/

「社内報編集 初心者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3701/

「社内報編集 中級者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3728/

このコラムに類似したコラム

社内報 社内の巻き込み方 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/02/02 23:15)

1社に情報を流したら「リーク」は大間違い 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/06/11 02:00)

いつも頭に付箋紙を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/12 09:43)

妄想リリース活用のススメ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/06/26 11:28)

来週、社内報セミナーを開催します 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/14 22:35)