維持コストと利回り - 税務全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

維持コストと利回り

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 税務全般
経営 会計・税務

前回からの続き、課税対象について。

所有に対する税金について紹介しています。


相続税と贈与税は何か特別なことがない限り課税されません。

それに対して固定資産税や自動車税は所有し続ける限り発生します。

賃貸住宅の家賃やリース契約での自動車利用は、維持コストである

税金を考慮しながら賃料やリース料金が確定されます。


これを裏側からみると、ただ買っただけで活用されていない資産があれば

維持コストだけがひたすら発生していることになります。

何となく買ってしまってそのままになっている土地や大して載っていない

自動車は、所有しているだけで税金が発生する負債だと言えます。


コレに対し、誰かに貸し付けたり、そこを活用することで賃料などを支払うより

割安感があるのであればそれは資産として認識されます。


同じものを持っていても、利回り的な発想のアリなしでその意味合いは大分変わります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

所有への税金 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/09 01:00)

税制全体の動向 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/28 07:00)

【平成25年税制改正速報第2弾!!】 近江 清秀 - 税理士(2013/01/28 08:00)

誰かの税金が高くなると… 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/31 01:00)

基礎控除 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/28 01:00)