デザイントーンによるコミュニケーションの距離 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

田中 友尋
株式会社ハマ企画 代表取締役社長
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デザイントーンによるコミュニケーションの距離

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
現場から コミュニケーション

デザイントーンによるコミュニケーションの距離*


WEBのデザイントーンは、発信者側(WEBマスターなど)が何をどのように
発信したいのかを抽象的に伝える方法です。

・コーポレートカラーのトーン


 「貴方の会社は何色?」的な発想であり、非常に抽象的な場合が
 多いです。
 会社のロゴを中心としたカラーコーディネイトをする場合が多いのです
 が、知名度が高くない会社の場合、ロゴ自体も知られていないため
 ユーザーのコミュニケーション距離は遠くなります。

・商品戦略的なトーン


 商品とそのテーマによって決定されるものなので、WEB独自のトーンは
 設定しづらくなります。
 ただし、実際の商品のよって決定されているものなので、コミュニケー
 ションの距離はかなり近いものとなります。

・見やすさ、使いやすさのトーン


 アクセシビリティ、ユーザービリティからトーンを決める場合、WEBサイトと
 しての見やすさ、使いやすさとしてはメリットはありますが、ユーザーと
 コミュニケーションの距離は必ずしも近いものではありません。

トーンは各個人各々で受け取り方や感じ方が違うため、短い期間では
コミュニケーションの距離を測ることは難しいと思われます。
(経験と時間が必要です)

ハマ企画