社長貸付金・役員貸付金の弊害 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

保険比較ライフィ 
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長貸付金・役員貸付金の弊害

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
法人保険 自社与信の強化
会社を経営していると、業種によってはどうしても会社から
出せない経費が発生してしまうケースもあります。

その場合、社長の個人資産を取り崩して支払いに
当てるしかありません。
が、手元に現金が用意できず、会社から一時的に
貸付を受けてしまう場合もあります。

当然帳簿に仮払金や貸付金科目で記帳されます。
このまま決算がなされた場合、決算書にも記載されます。


では、役員貸付金はどのように評価されるのでしょうか?

例)資本金1000万円・社長貸付が3000万円あった場合

金融機関からの役員貸付金の評価は、
「いつ戻るか解らない不良資産」と評価され、
場合によっては債務超過として評価される場合もあります。

また「個人と法人の区別がつかない社長」として
経営能力の欠如と評価される場合もあります。

営業上、必要なお金だったとしても認められません。

決算書に載ることは非常にマイナスイメージを金融機関に
与えることになります。
いざという時に融資が受けにくい決算書では、
経営していく上で、先行きに不安が残ります。

解決策は決算前に清算すること。
社長個人で資金を作り、返済することです。


当社でも解決スキームの構築から資金調達、
完結するまでをお手伝いさせていただいております。
お問い合わせください。
(http://www.kigyo-zaimu.jp/fund/fund01.html)


医療法人の理事長・理事貸付金は、最悪の場合、
法人取り消しの更なるリスクが存在しています。
(http://www.kigyo-zaimu.jp/fund/fund03.html)

経営者のための個別相談会

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 保険アドバイザー)
保険比較ライフィ 

保険は難しい!自分の保険について学んでください

【個人向け】ご自身の保険について詳しくなっていただくための情報を提供!【中小企業様向け】「財務体質の強化コンサルティング」。決算内容の改善や含資産の形成、与信力の強化、リスクヘッジ、経営者が抱える財務の悩み解決をご提案。

カテゴリ 「法人保険」のコラム