専任媒介には危険がいっぱい part-2 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

大川 克彦
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

専任媒介には危険がいっぱい part-2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
適正価格で早期売却!
part-1
では、一般媒介が望ましいと、お話しました。


その理由は、専任媒介業者を見極めるためです。
 
★☆ここが肝心です!☆★
大事なことですからもう一度いいます。
一般媒介を締結する理由は、専任媒介業者を見極めるためです。
 
このことを、忘れないで下さい。
一定期間、一般媒介契約を締結し何社か不動産業者の対応を見ます。
実は、この期間も重要な期間なのです。
 
理由は、いいかげんな査定額だからです・・・
何社か査定するとわかりますが、価格が2割から3割も違います。
 
私は、よく査定が低いと言われます。
私の査定の定義は、3ヶ月以内に無理なく売却できる金額です。
この場合、残債額がいくらかは問題にしていません・・・
 
正直に売れる金額を言うと、ほとんどの売主様はもっと高く売れるでしょう!
こう思うことでしょう・・・
でも、気持ちの中ではこの位なんだぁ・・・ と思うこともあるはずです。
 
しかし、誰も安く売りたいと思うわけもないので、少し位高めに出したい!
こう考えます。
 
この各社開きがある査定額を見極める上での、重要な期間になります。
 
でも、勘違いしないで下さい。
査定額=売買金額
 
ではありません・・・
 
買主様が買いたい金額と、売主様が売りたい金額が合致した金額が売買金額です。
 
この売買金額を安易にコントロールしようとする不動産業者が、あなたの意向を無視した敵となる業者です。
このような業者は、あなたの不動産を『お勧め物件』として紹介するのです・・・
http://profile.ne.jp/pf/ohkawa/column/2483.htm
 
 
今さらながらですが、決して大手はダメだと言っているわけではありません・・・
全てお任せは、ダメですというだけです・・・