雑所得として申告しなくても大丈夫? - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雑所得として申告しなくても大丈夫?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
税金と節税 株式・利子・配当金の税金
毎週、とても勉強になっています。
相談させていただきたい事があります。

昨年の後半から為替証拠金取引を始めて
約70万円の利益が出ました。
そのほかには投資などでの利益や損はありません。

税金について、どのようにすればいいのか、
税務署に問い合わせてみたところ、
「雑所得として申告してください」とのことでした。

取引している証券会社にも聞いてみたところ、
「申告しなくても大丈夫ですよ」とのことで
アドバイスが食い違っていました。

それなら申告しなくても大丈夫かなという気にもなるのですが、
なんとなく不安です。
いったいどちらが正しいのでしょうか?


正しいのは、税務署の「雑所得として申告してください」です。

取引している証券会社に、「申告しなくても大丈夫ですよ」と言った人に、
理由を聞いてFP知恵の木まで教えてもらえないでしょうか。
裏の事情がわかるかもしれません。

もし相談者が専業主婦ならば、約70万円の利益がでれば、
当然扶養もはずれてしまいますよ。

サラリーマンであれば、儲けに対する税金を払うことはもちろん、
今年の住民税もアップします。

気になるお金の疑問は、FP知恵の木まで。

FPに相談して、あなたもおいしい節約生活を楽しみましょう!
未来設計書」なら、30年先を見越した資金計画を立てられます。
あなたが幸せな未来を掴むための、世界に1冊しか存在しないあなただけの冊子です。