生命保険の見直し方(その9:特約を見直す) - 保険の見直し - 専門家プロファイル

株式会社清水保険資産設計 代表取締役
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の見直し方(その9:特約を見直す)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し
保険見直しのポイント 生命保険の見直し方

特約を見直す

生命保険には、多くの特約があります。

なんだかよくわからない特約がいっぱいついていませんか?

「三大疾病特約」「傷害特約」「婦人病特約」など本当に自分に必要なのかを見直していくことも大切です。

特約の中でも注意したい特約が「入院特約」です。
名称は保険会社によって多少異なりますが、要は病気やケガで入院したときに1日につき5,000円とか10,000円とか支払ってくれるものです。

この入院特約は2つ気をつけていただきたいポイントがあります。

まず、ひとつめが保障期間です。ほとんどの契約は80歳までの保障だと思います。
「80歳まで長生きするかどうかわからない」と思われるでしょうが、男性の平均寿命が約80歳、女性が約86歳です。

入院のリスクは、年齢を重ねれば重ねるほど高くなります。
ずっと保険料を払い続けてきたのに、入院したときには保障が終わっていたなんてことにならないように気をつけてください。

もうひとつが、保険料です。
多くの方は、保険料払込期間が60歳まで、もしくは65歳までになっていると思います。

保険料払込期間が60歳であれば、もうそれ以上保険料を払う必要は無いと考えるのが普通ですが、「入院特約」は例外です。
一般的に、保険料払込期間が終わる60歳から、入院特約の保障が終わる80歳までの20年間分の保険料を、60歳の時点で一括で払ってくれと言われます。

その保険料は、何十万円、場合によっては100万円以上にもなります。

払わなければどうなるのか?

当然、「入院保障」はなくなります。

保険料払込期間が終了する時点で、保険料をまとめて払わなければいけないことは、証券を見てもわかりにくいものです。
一度、契約している保険会社に確認されることをお勧めします。

清水保険資産設計 http://www.sifp.ecnet.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
株式会社清水保険資産設計 代表取締役

あなたの将来をアシストする"ファイナンシャルプランナー"

限りある人生、夢を実現するには人生の設計図が必要です。保険の見直しをはじめとする保険設計、資産計画の作成、資産形成と管理保全などをサポートしています。お金で悩まず、人生を楽しむためのトータルファイナンシャルプランを実現できたらと思います。

カテゴリ 「保険見直しのポイント」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 専門家FPの保険見直し無料相談

保険の内容や保険料のギモンを専門家FPがスッキリさせます!

料金
無料

AllAboutユーザー対象の特別無料相談!
対面相談で、今まで感じていた保険のギモンをじっくりと相談できます。
現在ご加入の保険証券をご用意いただければ、保険のムラやムダをはっきりさせます。
しつこい勧誘などは一切行いませんので、安心してご相談いただけます。

専門家FPの保険見直し無料相談

このコラムに類似したコラム

また、生命保険のかけ過ぎか・・・ 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/27 17:00)

転換には、ご注意を!! 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/27 10:00)

賢い生命保険の見直し方(その8保険料をさらに安く) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/16 20:14)

医療保険の選び方②保険期間 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/21 15:00)

賢い生命保険の見直し方(その6) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/23 18:30)