スルガ銀行と日本IBMの裁判について - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スルガ銀行と日本IBMの裁判について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
プロジェクト管理

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はプロジェクトマネジメントについてのお話です。

勘定系システムの開発失敗を巡る、スルガ銀行と日本IBMの裁判に判決が出ました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120329/388219/

結果は日本IBMに74億円超の賠償命令ということで、IBM側に厳しい判決となりました。

私も以前からこの裁判には少なからず注目していましたが、どうなんでしょうかね。この裁判結果は。

当然IBM側は控訴することになるでしょう。

別に私は日本IBM側に肩入れするわけではありませんが、この裁判結果にはちょっと驚きました。

確かに裁判として、事実や証言から論理的に結論を導き出すと、「プロジェクトマネジメントができていなかった」という結論になってしまうのかもしれません。

しかし、現実のITビジネスの現場では、このような論理的な世界ばかりではないのが現実。

確立されたプロジェクトマネジメント手法をベースにして、非論理的な世界もコントロールすることが求められることが多々あります。

今回のような大規模プロジェクトともなれば、受注金額も大きいので、営業サイドの意向や上層部の意向など、様々な思惑も絡んできます。

私もIBM時代、金融のシステム開発部門にいたことがありますので、今回の裁判で証言されている厳しい世界が想像できます。

今回の裁判結果により、今まで以上にビジネス現場における、プロジェクトマネジメントに対するハードルが高くなるかもしれません。

提案から始まるプロジェクトマネジメントプロセスの強化、リスク管理の強化、見積もり時の余裕率の見直しなど。

今回の判決は、中小ITベンダーにとっても他人事ではありませんね。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「プロジェクト管理」のコラム

価値を生み出さない時間(2016/11/29 09:11)

成功は成功のもと(2015/02/16 10:02)

プロセス管理を守ること(2014/11/26 06:11)

時間感覚は重要(2014/10/29 11:10)

このコラムに類似したコラム

中小企業に求められる実行力 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/11/22 11:02)

正解がないビジネスだからこそ価値が高い 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/06/14 06:56)

【プロジェクトマネジメント】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/05/07 08:43)

プロジェクトマネジメントの表と裏 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/03/03 10:03)

ビジネス現場における実際のプロジェクトマネジメント 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/06/24 07:41)