日本の家はほとんどがハウスメーカーで建てられてるの? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本の家はほとんどがハウスメーカーで建てられてるの?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●家を建てよう!!

大手のメーカーが部品を運んできて組み立てる方法で建設している住宅は、年間10万件前後かと思います。戸建て住宅の年間着工件数は80万戸ほどですので、残り70万戸は大工さんの建てる家になります。
テレビ等メディアに露出する住宅CMの殆どが大手ハウスメーカーのCMですので、普通の人がそう思われるのも無理はありません。業界トップのセキスイハウスは売り上げ一兆円を越えますが、商業施設や収益物件の建設も含めての売り上げです。
住宅着工ベースのシェアで云えば2~3%程度のものです。
メディアあれだけ宣伝費を掛けて、2万人を越える従業員を抱えて、絶対的なブランド力を保有しながら、このシェアは逆に不思議なくらいです。これだけの売り上げがあれば、他産業では2~30%のシェアがあっても不思議ではありません。
ただ、世界的に見て一兆円を越える売上高を誇る住宅メーカーは日本にしか存在しません。住宅と云うのは地域の風土に根ざした地場産業です。その意味では日本のハウスメーカーは奮闘しているとも云えます。

平成24年度から「地域型住宅ブランド化事業」が始まります。これは中小の工務店10社以上がグループを作って地域に根ざした長期優良住宅を造ることにより、住宅の質を高めて行こうとする施策です。この「地域型住宅ブランド化事業」には一住戸当たり100~120万円の助成金が付きますので、この事業が本格始動すればハウスメーカーにとって脅威となるでしょう。

ハウスメーカーが選ばれてきた大きな理由はブランド力・信用力でした。地域ごとにブランド力・信用力のついたグループが登場すれば、大手メーカーと中小工務店との差がなくなってしまいます。この事業が定着すれば、日本の住宅産業界の構図も大きく変わることになるでしょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

このコラムに類似したコラム

JHLの地域型住宅の助成金制度が満杯になりました 福味 健治 - 建築家(2013/12/02 08:21)

吉野悠久の家完成見学会第二弾! 福味 健治 - 建築家(2013/03/30 08:27)

地域型住宅ブランド化事業ってなに? 福味 健治 - 建築家(2012/03/29 08:28)

長期優良住宅のメリット 福味 健治 - 建築家(2012/03/26 07:40)