繁盛店は女子トイレで差別化! - 売り場支援・POP - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

繁盛店は女子トイレで差別化!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 売り場支援・POP
女性客、高齢者が来店しやすいお店づくり あ〜勘違い。女性客が良しとするお店とは

男性経営者のあなたが女性客を増やそうと努力するなら、この箇所ははずせないでしょう。

「女子トイレ」

です。たしかに、経営者の間ではまことしやかに「トイレ掃除をすれば、経営がうまくいく・・・」というジンクスのようなものがありますよね。これは、少し科学的ではないので、なんともいえませんが。

ずばり、男性と女性とではトイレに対する価値観が異なってきます。

女性にとってのトイレは

「トイレの神様」というヒット曲の歌詞のなかに、「べっぴんさんになる」話がありますよね。子どもの頃から、「トイレをきれいに」「水廻りをきれいにしなさい」としつけられた日本女性は多いと思います。

それに加えて、トイレは女性にとって、パウダールーム、お化粧をする場所なんです。

「きれいであたりまえ」

なんです。女性は「マイ、トイレ」というような自分にとって、使いやすいきれいなトイレを頭の中にインプットされているんです。

そう、同時に「このお店のトイレはきれい」と覚えられているわけです。ここに立ち寄れば、あのお店でトイレを借りて・・・と考えている女性は多いのではないでしょうか?

ふつうに掃除をすることももちろん大事ですが。

あなたの店舗、思いきってトイレをリニューアルされることもいいのではないでしょうか。

ここで、注意点!

マーケティングプランナーから言わせますと、リニューアルの際は、必ず「コンセプト」を考えてください。お店づくりですからね。お店全体のイメージからいうと、女子トイレをどのようにするか、考える必要があります。(私の著書の中にもあります。)*コンセプトに関してはまた別の機会に説明しましょう。

女子トイレをきれいにすれば、「気軽に、トイレだけでもご利用ください。」と呼び込むこともできますし、他店とは違う差別化にもつながります。ぜひ、試してみてください。




このコラムに類似したコラム

「いらっしゃいませ」でわかる繁盛店! うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/18 19:16)

女性客が見ている、あなたとお店の「清潔感」 うえた さより - マーケティングプランナー(2012/03/30 08:00)

繁盛店は駐車場が広い!女性客は駐車場を見る!! うえた さより - マーケティングプランナー(2012/03/28 08:00)

お店の見た目でターゲットも決まると思ったエピソード うえた さより - マーケティングプランナー(2012/03/27 08:00)

シンカナビホームページをリニューアルしました。 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/02/10 10:40)