個人と法人どっちがいいの?~将来型はこうする(11) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人と法人どっちがいいの?~将来型はこうする(11)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
将来型はこうする

こんにちは。

将来型会計事務所LBAの岸井です。


日差しが暖かくなりましたね。

(花粉さえ除けば、)何をするにも良い季節になってきました!

ひなたでコーヒーでも飲みながら、優雅に打合せをすれば、

きっと良いアイディアが、浮かぶ・・・・かな?



さて、本日のネタは、個人と法人どっちが有利というものです。


ある程度利益が出てきてしまうと、(いや、それはそれで非常に結構なことではあるのですが、)

どうしても税金が多額になってしまいます。


そういう不安をお持ちの方に、法人化シミュレーションをしています。

つまり、このまま個人事業でやっていく方が良いのか、

それとも法人化した方が有利なのかを判定するのです。



そもそもなぜ有利・不利が出てくるのかというと、

大きな要因は、個人にかかる税金(所得税等)と法人にかかる税金(法人税等)の計算のしくみや税率が異なるからです。


所得税は、儲ければ儲けるほど税率が上がっていく仕組みです。


儲けが少ないと税率は5%ですみますが、たくさん儲けると40%にまで上昇します。


一方、法人税は18%~30%(平成24年4月1日開始事業年度から15%~25.5%)ですから、


単純に二つの税率だけをみると、たくさん稼ぐ場合は法人にしてしまった方が有利になるのです。



もちろん、法人にする時の諸費用もありますし、節税のために利用できる制度など、

様々な要因がありますので、税率だけの単純な話ではありません。


しっかりシミュレーションしてみて、法人にするメリットがあるのかないのか判定してみましょう!


判定は無料でやっておりますので気になる方はご連絡を!!


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「将来型はこうする」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 【メール相談】一般労働者派遣事業 申請・更新時の監査証明

タイミングを逃さず事業を円滑に継続

料金
無料

平成23年10月から一般労働者派遣事業と職業紹介事業の新規許可と許可の更新における資産要件の審査方法が変更されました。前年度の決算書で財産要件を満たしていない場合、その後の月次決算で要件を満たしたうえで公認会計士又は監査法人の監査証明が必要になりました。
監査証明に関するご質問、ご相談はまずメールで。

【メール相談】一般労働者派遣事業 申請・更新時の監査証明

このコラムに類似したコラム

開業が目的になって、その後のことまでは・・ 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/22 20:52)

起業について思うこと 1 ~起業するにあたって 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/06/13 14:24)

ネスレ日本が喫茶店開業支援に 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/05/09 21:09)

スポーツクラブの現状と社会的在り方 斎藤 利 - スポーツインストラクター(2012/09/20 10:00)