株式投資の初級者への注意点は? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

小林 治行
株式会社コバヤシアセットマネージメント 代表
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

株式投資の初級者への注意点は?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
株はリスク商品です。生活資金を株につぎ込んではいけません。まず、生活資金として、2年分を貯蓄しましょう。その上で、それ以外の余裕資金を投資資金として下さい。

株式購入の基本は自分の配偶者を選ぶくらいに十分吟味して選択すること。
選択の基準は、過去の業績同様、今後数年利益の成長が見込まれる会社を選びます。
知らない会社は選ばない。自分が好きな会社を援助するつもりで購入します。

購入時期は年間数回ある大きく下げた時に買います。それまでお金を持ったまま相場を待っています。
買ったら、5年以上保持します。良い会社の株は必ず上昇してきます。

長期保有が目的ですから、株価を見るのは一月に1回程度で良く、下げてもあせることはありません。ましてや、チャートを見る必要もありません。PERとかPBRとかも不要です。
3-5年以上経過した時、これが当面最高と思われる時に、売ります。そしてそのお金を次に下げが来るまで、持って次の機会を待ちます。