耐震リフォームのチェックポイント コラム②-2 - 耐震検査 - 専門家プロファイル

株式会社 アイジーコンサルティング 不動産インスペクション課 課長
静岡県
中古住宅専門家
053-412-7766
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅検査・測量

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震リフォームのチェックポイント コラム②-2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅検査・測量
  3. 耐震検査

耐震診断結果(昭和56年以降の建物)

(画像1参照)

ポイント:新耐震案件でも82.14%が耐震性に問題あり   

評点が低くなった要因としては、①建物の劣化、②平成12年に基準が改正された壁の配置バランス による低減(偏心率)、接合部金物不足が上げられます。

このデータが示す通り、新耐震と言われる昭和56年以降の建物でも82.14%で耐震性に問題があるという結果になり、単純に新耐震だからという理由で安心とは言えない事がわかります。

このデータが示す通り、新耐震と言われる昭和56年以降の建物でも82.14%で耐震性に問題があるという結果になり、単純に新耐震だからという理由で安心とは言えない事がわかります。


地震国ニッポンに住むあなたにとって、あなたの家がいつ建築されたかに関わらず、地震に対する心配は消えません。しかしながら、現在の耐震補強実施率は17.8%にとどまっています。

(日本木造住宅耐震補強事業者共同組合調べ)

診断受付期間別 調査結果・補強工事費用

(画像2参照)


「大地震か・・・。心配だけど、自分は死ぬことはないだろう」


先データは、そんなふうに考えていた方が多くいたことの裏付けではないでしょうか?



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(静岡県 / 中古住宅専門家)
株式会社 アイジーコンサルティング 不動産インスペクション課 課長

中古住宅の専門家として、心強い味方になります。

資金計画(ライフプラン・住宅ローンの提案)から中古物件の見方、購入前の住宅診断、住宅の瑕疵保険・保証のご相談、購入後の住宅のメンテナンスの仕方まで、トータルでサポートさせていただいております。

053-412-7766
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

耐震リフォームのチェックポイント コラム②-1 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/03/25 09:14)

耐震リフォームのチェックポイント コラム⑦ 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/04/29 18:02)

耐震リフォームのチェックポイント コラム⑤ 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/04/15 17:57)

耐震リフォームのチェックポイント コラム③ 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/04/01 18:42)

耐震リフォームのチェックポイント コラム① 菊池 猛 - 中古住宅専門家(2012/03/17 09:09)