数値の増減では良し悪しを測れない場合もある - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

数値の増減では良し悪しを測れない場合もある

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 アクセス解析を見る際の注意点

数値の増減では良し悪しを測れない場合もある



もう1点、数値で測れない理由としては、「数値が上がったから良いといえない場合もある」ためである。例を挙げてみると、売り上げや問い合わせといった数値は明確で、数が増える、つまり、数値が上昇すれば結果としては「良い」という判断を下せる。

では、PV 数はどうであろうか。例えば、前月よりも PV 数が上がったとしよう。その場合、良いといえるであろうか。

PV 数が増えた理由が、訪問者が多くのコンテンツを閲覧するようになったと考えれば、良い傾向だといえる(Web サイトのコンテンツをきちんと閲覧する訪問者ほど、関心が高いと考えた場合)。

ただ、PV 数が増えた場合、訪問者が迷ってしまい、余計な PV を重ねている可能性もある。その場合、訪問者の PV 数が増えたことは良いとはいえず、もっと分かりやすい Web サイト設計に変更する必要がある。特に、「サポートサイト」などであれば訪問者が少ないページ閲覧で目的のコンテンツに到達できるよう設計すべきである。

このように、PV 数を見る場合、「PV 数が上がった」という事象が必ず「良いこと」とは判別できない。判別できない理由としては、「サポートサイト」の例のように Web サイトの目的によって判断基準が変わる点がある。目的を意識して、数値を見る必要がある。

続く

ホームページ制作会社
アクセス解析

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム