マンションの盲点 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マンションの盲点

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント

台風や大雨など災害に強いとされているマンションにも盲点があります。

ここ数年、特に夏場に起きやすい「ゲリラ雷雨」。

通常の雨水量をはるかに上回るため、面積の広い屋上の雨水を樋(とい)が処理しきれず、各階バルコニーの排水溝から雨水が逆流することも。

バルコニーに溜まった水は本来「オーバーフロー管」という非常用のパイプで屋外に放出されます。

しかし画像のように、コンクリートの壁でオーバーフロー管のないバルコニーは最悪の場合、1階でなくても床上浸水のような被害を受ける可能性もあります。

戸建てにお住まいの方は、周囲の状況を気にされてますが、マンションにお住まいの方も台風など異常気象のときは家の状況を把握するよう心がけましょう!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)

このコラムに類似したコラム

テレビ東京の朝の番組で放映されました 栗原 守 - 建築家(2013/11/19 10:45)

ひさびさ大漁! 杉浦 繁 - 建築家(2013/09/23 18:59)

台風一過 福味 健治 - 建築家(2013/09/17 08:31)

透湿防水シート 松永 隆文 - 建築家(2012/06/21 08:54)

透湿防水シート 松永 隆文 - 建築家(2012/03/26 20:27)