火のないところに煙は立たない - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

西田 淑子
サクセスインサイド・コミュニケーション 代表・コミュニケーショントレーナー
大阪府
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火のないところに煙は立たない

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

20歳代の平社員の頃の話です。職場で毎日、課長にいじめのようなお叱りを、されていたことがありました。家で「なんで、私だけが怒られなアカンねん、仕事はちゃんとやっとるのに」とおばあちゃんに訴えると、「あんた、誰かにその課長の悪口を言ってへんか」と反対に聞かれました。確かに、そう聞かれれば、職場のパートのオバチャンに、悪口を言ってました。

まさか、そのオバチャンは私の味方のはず、一緒に課長の悪口を言っているではないか、と思ったのだけど、おばあちゃんの見解は違いました。
「人に合わせて悪口言うような人は、相手が変わったらまたその人に合わせるもんや。そのパートのオバチャンは、課長に好かれてないか?」。はっ、としました。確かに課長は、そのパートのオバチャンには、猫なで声で「○○さあ~ん」と話しかけていました。

昔から「火のないところに煙はたたない」と言います。原因がなければ結果はない、ということです。原因がないのに、いじめられるわけがない、とおばあちゃんは、思ったのです。原因は自分が作ってへんか、ということを言う代わりに、「誰かに悪口を言ってへんか」と聞いたわけです。うまい聞き方です。原因が分かってたら、自分で対処して、この問題は解決しています。原因が分からないから、悩みになるわけです。そんな私に「原因はあんたが作っている」と言ったところで、私に分かるわけがないんです。だから具体的な事例を出して、おばあちゃんは私に質問したわけですね。

それから、オバチャンに悪口を言うのを止めたら、課長からのいじめのようなお叱りも、ぴったり無くなりました。

テレビドラマ「相棒」で杉下右京が、「犯罪の痕跡を消したなら、痕跡を消した痕跡もまたあるはずです」と言いました。全ては原因と結果からなっている、ということを、改めて考えます。

人間関係の真相は、人と関わることにその答えがあります。おばあちゃんは、その多くを経験から知るに至ったのでしょう。人と関わり続けることは、私たちに人間としての真相を教えてくれる勉強である、と言ってもいいかもしれません。

このコラムに類似したコラム

【今日を最高の一日にする言葉】問題とは? 田中 辰幸 - ビジネスコーチ(2011/11/24 08:00)

迷った時は焦点を一つに絞る 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2016/02/03 17:59)

自分がどれだけ貢献出来るのか 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/08/21 16:55)

相手の話をノーで受け取らない 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/06/06 11:55)

目標を見誤らない 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/30 11:38)