1.インスパイア・リーダーシップ - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1.インスパイア・リーダーシップ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
リーダーシップって? インスパイア・リーダーシップ

インスパイア・リーダーシップ



 【inspire】

という単語があります。
「リーダーシップ」という言葉の定義がとても難しいことは
以前述べましたが、
「リーダーシップ」という概念を考えるにあたり、
この「inspire」という単語は、その意味深さから、
なかなか大きなヒントを私たちに与えてくれます。

まず、「inspire」の意味を辞書*1でおさえたいと思います。

***
【inspire】[他動]
 □1 〔息を〕吸い込む

 □2 活気を与える、奮起させる、鼓舞する、元気づける、
    気持ちを強く動かす、刺激して〜する気にさせる
   〔霊感を〕入り込ませる

 □3 〔思想・感情などを〕吹き込む

 □4 ひらめかせる、着想させる、〜の創作意欲をかき立てる

 □5 呼び起こす、引き起こす
* **

いかがでしょうか?
何か感じるものがあるのではないでしょうか?

この「inspire」という単語は(英語の得意な方は別ですが)
まだまだ「カタカナ英語」としては馴染みの薄いものです。

ですが、この言葉を知らない人はいません。

★ 「inspiration」(インスピレーション)

「インスピレーション」は「ひらめき」という意味で、
皆さんも日常会話の中で使っていると思います。
この言葉の動詞形が「inspire」なのですね。

この「inspiration」という言葉が文中にある、
あまりにも有名な名言を私たちは知っています。

【Genius is one per cent inspiration and 99 per cent perspiration.】
 〈 天才とは1%のひらめきと99%の汗(努力のたまもの)である〉

なんだか、中学校の英語の授業みたいになってきましたが(笑)
肝心なのは「リーダーシップ」という概念をどうわかりやすく理解するかで、
そのために「inspire」という単語に着目しています。

次回からこの「inspire」という単語を活用しつつ
「リーダーシップ」について考えていきます。

EARTHSHIP CONSULTING
*1英辞郎 on the Web