コミュニケーションの距離(2) - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

田中 友尋
株式会社ハマ企画 代表取締役社長
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コミュニケーションの距離(2)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
現場から コミュニケーション

デザインレイアウトによるコミュニケーションの距離


WEBのデザインレイアウトは、構築するWEBサイトの種類によってかわります。
・コーポレートサイト
・プロモーションサイト
・ECサイト
・コミュニケーションサイト

今回は コーポレートサイトを例としてWEBサイトの一般的なレイアウトをご紹介すると。

一番上にヘッダーとしてサイトID(ロゴ、サイト名など)を左寄せで記述。
次にグローバルメニューやサイトのイメージ画像など。
その下がコンテンツ内容などが配置され。
最後に著作権や注意事項を入れるフッターとなります。

デザインレイアウトによる「コミュニケーションの距離」エリア


・ヘッダー
 ユーザーは潜在的に受け入れる場合が多く、距離は近くありません。

・グローバルメニュー
 存在の大小に帰する場合が多く、それほど距離は近くありません。

・イメージ画像(エリア)
 ユーザーの距離が非常に近いエリアです。ブランドを浸透させるため
 に重要なエリアです。

・コンテンツ(エリア)
 左右、上下により距離が変わります。
 ユーザビリティから考えると、左上が一番近く思われますが、左上
 のエリアはヘッダーとグローバルに取られてしまうため、中央から右側
 が一番近くなります。
 ''一番近い距離は、縦(Y軸)760ピクセル以内となります。
 これは平均的なモニターのサイズ(解像度)から中央または左下
 に視線が移るゴールにあたるためです。''

ハマ企画