プレゼン講座 人は「説得」では動かない! - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

快眠コーディネイター 力田 正明
Sleepercise (スリーパサイズ) 代表
大阪府
快眠コーディネイター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼン講座 人は「説得」では動かない!

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
研修・セミナー プレゼンテーション

 みなさん! 訪問販売の営業マンが、健康器機を売りにきたとします。

 仮にドアをあけて、出てしまい、営業マンのマシンガントークが始まったとします。

 彼は、ひたすら、商品の説明をしています。

 そんな状況で、その商品を買う気って、起こりますか?


 もちろん、起こりませんよね。 なぜなら、営業マンに足りないのは、お客様が納得していない土壌で、

商品説明をしている点です。 お客様が「納得」のレベルではないんですね。

 説得という言葉も、「説き伏せる」と誤解している人が、結構多いです。

しかし、人間は説得を受けるほど、心はシャットアウトしていきます。

 

 それでは、納得してもらうための行動として何を意識しなければいけないか?

1.相手の話を聴く。その中で、相手の関心をもってそうなことを、キャッチする。

2.「よく効きますよ!」とか「いい商品だと多くの人が言っています。」という断定的な言葉は言わない。

 なぜなら、それを決めるのは、お客様であるからです。


 納得の土壌ができて、説明のステージになります。 ここでは、「ふん、ふん」を積み重ねる丁寧な説明が

必要です。その結果、「なるほど!」といってもらえれば、納得に近いレベルに行くわけです。

 そして、一番大事な、最後の一押しは、「熱意・誠意」になってきます。


 今回は、訪問販売の営業トークを例にだしましたが、これが、プレゼンの本質だと思います。

 プレゼンも説得ではなく、共感を背景にした納得感を、聴き手に感じてもらうことが、最初のステップです。  

  

 


 


 

このコラムに類似したコラム

高嶋さんが影響を受けた人や本などを教えてください3 高嶋 美里 - ビジネススキル講師(2012/03/28 22:31)

無知の知 高嶋 美里 - ビジネススキル講師(2011/12/21 22:45)

信頼される営業(5) 中西 真人 - 研修講師(2013/07/06 16:33)

【書評】トラウマを克服するために、身につける、たった3つの習慣(五十嵐 孝廉 ) 金指 善孝 - 大人の学びコンサルタント(2013/06/28 13:00)

人間の目指す方向性 北島侑果 - 司会者(2013/04/30 00:02)