睡眠専門家の睡眠知識講座 もし国民全員が第一次産業従事なら? - 睡眠障害・目覚め - 専門家プロファイル

快眠コーディネイター 力田 正明
Sleepercise (スリーパサイズ) 代表
大阪府
快眠コーディネイター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

睡眠専門家の睡眠知識講座 もし国民全員が第一次産業従事なら?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 睡眠障害・目覚め
睡眠知識 睡眠と運動

 もし、国民全員が第一次産業に従事するなら、現在の3人に1人とも言われる不眠者は(これは自覚者なので、不眠者でも自覚していない人が多いので、これくらいの数字にはなると思われます。)大きく減少すると思います。

 なぜなら、睡眠は日中の活動量に応じて、睡眠必要量も決まってきます。  体を1日中使った日は、ぐっすり眠れることが多いと思います。本来、そのように我々人間の体はできています。

 しかし、現代社会では、PCによるデスクワークや単純作業などにスタイルを変えています。これでは、ストレスも溜まり、体を動かすことによるエネルギー消耗が、著しく少なくなっています。頭ばかり使った日は、交感神経がレッドゾーンで、副交感神経への切り替えが、スムーズにできない経験を、みなさん、されているのではないでしょうか?


 歩くことのメリットは、

1)歩いている間は単純行動なので、他のことを考えなくて済む。脳のイライラ感が減っていきます。

2)体温を上げるので、昼間であれば覚醒度を上げますし、夜、睡眠の2時間前くらいに、リラックスできる程度、歩くことは、寝つきをよくするコツです。

ぜひ、近くの公園に足を運んでください。そこには、気付いていない、季節の変化があるはずです。命の息吹を感じる季節ですから。



このコラムに類似したコラム

睡眠専門家の < ストレス・不眠解消のためのひとこと > 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/11/06 21:04)

睡眠専門家のひとこと 「快眠・不眠改善のツボ」 1 睡眠時間 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/10/30 08:00)

睡眠専門家の睡眠知識講座 「睡眠の老化は何歳から?」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/03/27 21:40)

睡眠専門家の睡眠知識講座 「8時間睡眠の誤解・長短眠者」 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/03/27 02:00)

ストレスマネジメント講座:イマジネーションと脳 鶴田 育子 - 心理カウンセラー(2013/01/21 06:00)