住宅ローン過熱は終了か? - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤 孝憲
藤 孝憲
(ファイナンシャルプランナー)
田端 政弘
田端 政弘
(ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー)
平野 直子
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
中村 諭
(ファイナンシャルプランナー)
久保田 正広
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年04月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン過熱は終了か?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

土日は資格の大原でみなし実務講座でした。ロープレ含めた講義で受講者の方も有意義な時間だったと思います。講義は当社が永年培った実務ノウハウを惜しみなくお伝えしています(実際の相談者の事例などをご紹介しているのでリアルです)4月は「相続」これがまた事例盛りだくさんでとても有意義だと思いますので、FPや相続関連業務されたいる方はぜひご参加下さい。→http://www.o-hara.ac.jp/osaka/syakai/fp/keizoku.htm
土日の講義が「住宅ローン」関連でした。その住宅ローンですが、金融庁は過熱する銀行間の住宅ローン金利競争に着目し始めました。
銀行リスク管理体制監査を重視しており、検査は始まっています。確かに住宅ローン戦争ですね。
いつまでも続かないでしょうから、有利な条件でローン組みたい人は早めの検討もよいでしょうね。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの貸し倒れリスク 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/22 17:00)

平成23年(2011年)の住宅税制 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2010/12/30 11:00)

住宅購入は今が買い時か?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2017/04/27 09:00)

【火災から家族を守るためのメンテナンス】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/04/25 15:03)

【ローン審査で信用情報を確認しないことがあるか?】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/03/13 15:48)