ホールダウン金物の配置はどの様にして決めるか? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ホールダウン金物の配置はどの様にして決めるか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●家を建てよう!!

法律により三通りの方法が定められています。

●もっとも簡単なのは告示1460号第二号の表に則って金物を配置する方法です。書かれている表の通りの金物を配置して行けばそれでOKです。どの様な条件下でも安全を図っている為、他の方法に比べかなり過剰な金物が入る事になります。

●同告示の但し書きにN値計算法が示されています。簡易な計算を行う事により、二号の表よりも華奢な金物を使用する事ができます。今もっとも多く使われている方法でしょう。

●最後は応力度計算により引き抜き力を算出してそれに抵抗する金物を選択する方法です。木造三階建て等構造計算を必要とする建物ではこの方法を用います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

このコラムに類似したコラム

木造住宅から見る建築基準法の実情 福味 健治 - 建築家(2012/11/15 08:59)

土間コン打設 中郷 洋次 - 建築家(2012/07/26 21:21)

M7級首都直下地震4年内70%~木造住宅の構造計画 奥山 裕生 - 建築家(2012/02/03 02:10)

木造耐火建築物 三竹 忍 - 建築家(2016/04/22 08:52)

プラスターボード張り 松永 隆文 - 建築家(2016/04/18 09:41)