「円安」、「株高」、そして「金利」は!? - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「円安」、「株高」、そして「金利」は!?

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、マーケットは久々に活気づき始めました。

 

円高からの巻き戻しにより、円は一時“1米ドル=84円台”をつけました。

それを受けて、日経平均も1万円を超え、またNYダウも1万3200ドルを突破しました。

 

ギリシャ問題での懸念が一段落したことと、アメリカの景気が底堅い動きをしていることから、マーケットは「リスクオン」の状態となり、世界の株式市場を押し上げています。

 

日本の株式市場にとっては、久々の朗報のようですが、喜んでばかりもいられません。

 

アメリカの量的緩和策第3弾の見通しが遠のいたことから、日本国債から米国債に資金が流れ、国内の長期金利は1%を超え、上昇傾向となっています。

 

もともと1%を割っていたこと自体、超低金利状態なので、ここで0.1-0.2%程度金利が上昇しても、大した問題ではないと思われるかもしれません。

 

もちろん、この水準ではほとんど問題はありませんが、このまま日本国債が売られ、長期金利が上昇を続けていくと、そうは言っていられません。

 

日銀の白川総裁の言葉を借りれば、

「長期金利が1%上昇すれば、日本の大手銀行・地銀が保有する日本国債で、約6兆3千億円の評価損がでる」からです。

 

また、年金や生命保険会社の運用期間は長いため、すぐには影響は出ませんが、市場価格でみた“含み損”を抱えることに変わりはありません。

 

さらに言えば、日本の国債費(国債の償還と利払い費)は、年間約20兆円ですが、そのうちの利払い費は、現在、半分の10兆円に迫っています。

 

これが、もし、金利が1%上昇すると、利払い費だけで、20兆円となってしまい、元本の償還にまでお金が回らなくなるという試算もされています。

 

それだけ、私たちの生活には、国債の価格(金利動向)が大きくかかわっているということです。

 

今日の国会でも白川総裁は、「経済成長による金利上昇と、財政懸念による金利上昇とでは、全く景気や金融への影響度合いは違う」といった発言をされていました。

 

今の「円安」傾向を背景に、輸出企業が業績を伸ばし、経済成長率を押し上げてくれるのを期待したいところです。

 

この流れが一過性で終わり、財政懸念による長期金利の上昇が続くこととなれば、大変な事態の“前兆”と、受け止めるべきでしょう。

 

“長期金利の動向”からは、目が離せません。

 

 

さて、本日はメルマガの発行日です!

 

今回は、最近の外資系金融機関の動向と、豪ドル建ての「元本確保型ファンド」の紹介をしています↓

http://www.mag2.com/m/0000121186.html

 

では、今週末も穏やかでありますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

円高更新、1米ドル=75円78銭へ 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/10/22 16:24)

個人の国債離れ、進む!? 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/10/01 15:03)

SBI証券で、「海外分散投資」セミナー開催! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/04/02 15:23)

今後のマーケット動向と対策の考え方!-その2 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/03/19 20:52)

キンキラ“金”! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/01/22 12:51)