日経記事;"稼ぐ開発へ異才招く 基礎研究から採算重視 武田"考察 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;"稼ぐ開発へ異才招く 基礎研究から採算重視 武田"考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
経営コンサルタントの活動 海外展開支援

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

3月15日付の日経新聞に、『稼ぐ開発へ異才招く 基礎研究から採算重視 武田』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『武田薬品工業が世界企業への脱皮を急いでいる。主力薬の特許切れなどで事業環境は厳しさを増す。この4年間で約2兆円を企業買収に投じたが、欧米大手の背中はなお遠い。

「日本人だけでは競争を勝ち抜けない」と社長の長谷川閑史。規模を追いながら、組織も人材も一気にグローバル化する。研究開発や国内外の営業の現場で改革が動き出した。

武田は4月にも、新薬開発担当の研究者数十人が参加するイベントを開く。名付けて「モノオキ(物置)デー」。開発が滞ったまま放置されている新薬候補を別の病気に振り向けるなど新たな方向性を考えさせる。

提唱者は取締役の山田忠孝。英グラクソスミスクラインの研究開発部門トップやビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の医薬部門責任者を経て、昨年6月に武田の取締役会に加わった。11月から研究開発部門の統括責任者を務める。

「武田の研究開発効率は世界で見れば最低の水準」と公言してはばからない。糖尿病や胃潰瘍など分野ごとに専門性が高い研究者は多いが「ビジネスとしての採算性を考えられる人材に乏しい」。どう稼ぐか。研究者に意識改革を迫る。

天明元年(1781年)の創業。日本の大手企業で屈指の歴史を誇る武田で、外国人の部門トップへの登用が相次ぐ。

抗がん剤事業は08年に買収した米ミレニアム・ファーマシューティカルズ最高経営責任者のデボラ・ダンサイアが指揮し、新薬開発トップは武田の米子会社出身のナンシー・ジョセフ・リッジ。基礎研究の責任者は米国人のポール・チャップマンだ。

国内首位の武田も世界では売上高12位と中堅クラス。07~08年にかけて相次いだ新薬開発の失敗を機に欧米大手との差が広がった。

収益源と期待した高脂血症薬は安全性の問題から開発中止に追い込まれ、09年を見込んでいた糖尿病薬の米国発売は12年にずれ込んだ。新薬候補の価値を見極める力が落ちている実態が浮き彫りになった。

従来のやり方にはもう頼れない。だが温めてきた新薬候補の生殺与奪を外部出身の人材に委ねることに、生え抜きで構成する現場には抵抗も予想された。長谷川は武田とミレニアムの研究者が議論する場を設けた。

抗がん剤事業の競争力を高めるための具体策とは。常に欧米大手との競争を意識し採算性を重視するミレニアムの姿勢に「武田の研究者は完膚なきまでにたたきのめされた」と長谷川は振り返る。

医薬研究本部長のチャップマンは基礎研究にも「費用対効果」を意識させる仕組みを採用した。がんや精神病など4分野で専門組織を設け、トップには毎年の研究進展に責任を持たせる。

武田の研究所で目標を達成できないと判断すれば、割り当てられた研究費を返上し浮いた費用で他社から技術導入しなければならない。「学者集団」でいることは許されない。

年に1千億円超を売り上げる大型薬を自前で生み出すことを追求してきた武田。それだけに開発中止が株式市場を落胆させるもろさを併せ持っていた。世界の新薬開発の潮流からずれていないか。今では年数百億円規模の薬を切れ目なく出し、リスクを分散する戦略にかじを切る。長谷川は「過去の成功体験を捨て去る」と強調する。

成果は徐々に生まれつつある。01~08年度の8年間は新薬の世界発売が4製品にとどまったのに対し、09~11年度の3年間では7製品を売り出した。承認申請が間近の新薬候補も増えた。

自らの弱みを認め、外部の異才を招いて世界標準に経営手法を変える。1400億円を投じて昨年2月稼働した湘南研究所(神奈川県藤沢市)に社外との共同研究の施設を設け、中国などアジアで新卒採用を開始。「同質」「自前」を抜け出す武田の取り組みが次の段階に入る。』


国内の医薬品の市場規模は、製造業、卸売業、小売業の三つの観点からみることができます。

製造業の市場規模は、経済産業省のまとめた平成20年工業統計調査確報 産業編によると製造品出荷額等は、7兆660億8,800万円となっています。

卸売業の観点からみると、平成19年商業統計調査確報 産業編によると年間商品販売額は15兆3,972億5,600万円となっています。

小売業の市場規模は、2007年時点で6兆6,312億5,100万円です(平成19年商業統計調査確報 産業編における「医薬品小売業(調剤薬局を除く)」と「調剤薬局」の年間商品販売額の合計額)。

日本製薬工業協会のWebサイトに掲載されています製薬メーカーの出荷額からみますと、世界市場の大きさは2009年度で約8066億ドル(1US$/85円換算で約70兆円)になり、国内製薬メーカーの出荷額と比較しますと、日本のシェアは約11%になります。

この小さい市場に多くの製薬メーカーが存在し、しかも薬価引き下げなどで国内市場は縮小していますので国内事業だけでは過当競争になり、じり貧になります。

これは以前から言われていること。武田は国内ではトップの売上を確保していますが、世界ランキングでは、12位です。

武田は世界市場で勝ち残るため積極策をうってきました。その一つが08年に行った米ミレニアムの買収です。

記事にある通りでしたら、武田はミレニアムとの組織融合に成功し、外国企業の開発スキームを取りこんで、医薬品の開発効率をアップさせるやり方を学びつつあります。

他の国内産業も同じですが、国内市場だけをみて競走していくとじり貧になります。これは国内市場が人口減から縮小していくことによります。毎年15万人から20万人減っていくと試算されています。

人口減の傾向に歯止めがかからない場合、国内市場だけの事業をしている多くの企業は消滅していくとみています。

武田と同じように過去のやり方だけや成功体験にとらわれないで、海外企業の良いところは積極的に取り入れて世界市場に照準を合わせたグローバル展開を行う時期に来ています。

中小企業は武田のようにM&Aを簡単に行えませんが、海外企業との連携などを積極的に行って相手のやり方を学び、長所を取り入れながら柔軟に事業を行う企業に変身することも大事です。

武田は良い参考事例になります。今後とも注目していきます。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営コンサルタントの活動」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;"半導体製造装置,生き残る道は 東京エレクトロン"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/03/11 10:35)

日経記事『スマートフォンドコモ,累計100万台突破』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/01/16 09:46)

日経記事;"ホンダ,主力セダンを北米で開発「シビック」など"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/11/26 10:09)

日経記事;『トヨタ・東北大、東北で次世代車研究』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/04/15 11:17)