昨日も地震が発生しました。 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

昨日も地震が発生しました。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

昨日も二度に渡り、去年の東日本大震災を挟むように東北・関東地方で地震に見舞われました。
被災された皆様にお見舞い申し上げます。

東日本大震災で、溜まっていたストレスが一気に開放され、大陸プレートの力のバランスが崩れています。2004年に発生したスマトラ沖地震では今年に至るまでにマグニチュード7以上の地震が毎年の様に発生しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A9%E5%B3%B6%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87
この例から考えると、今後も同じクラスの地震は10年間程度は続くと考えて間違いありません。

東日本大震災は、北米プレートが太平洋プレートに乗り上げるカタチで発生しています。東海・東南海・南海地震は、ユーラシアプレートがフィリピン海プレートに乗り上げるカタチで発生すると考えられていますが、東北地方の力のバランスが崩れたことで、東海・東南海・南海地震が起こる可能性は益々高まっています。
東南海・南海地震は終戦前後に発生していますが、その時東海地震は動いていません。平均100年間隔で発生している地震が150年近く動いていないのです。ストレスは相当溜まっているはずです。この地震は三つ子の地震と言われる様に、過去の経験からしても同時に動く可能性があります。

関東・東海・中部・近畿で日本の人口の8割が暮らしています。何の備えもせず東日本大震災の様な地震が発生すれば、日本は立ち直れないでしょう。
地震で国家が崩壊することは、歴史を振り返ると数多く記録されています。大航海時代世界を股に掛けて活躍したポルトガルがヨーロッパの一小国になってしまったのはリスボン地震が原因です。
日本に目を向けても、安政地震が江戸幕府の崩壊のきっかけとなっています。

政府がどれ程の危機感を持っているのか判りませんが、地震が発生すれば直ちに自分達の仕事が問われる建築業者は、今までにない危機感と緊張感の中で日々を送っています。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

科学の力と自然の力 青木 恵美子 - 建築家(2011/03/16 08:29)

本当に久しぶりの更新になってしまいました。耐震改修に取り組んでいます 木下 泰徳 - アップライフデザイナー(2016/10/01 15:02)

講座第2回【『耐震性』の高い暮らし】@東京 須永 豪 - 建築家(2015/12/10 13:00)

【地震“とか”にメチャクチャ強い家って?】 須永 豪 - 建築家(2015/12/10 11:09)