浮気相手と別れて終わりではない、と心得るべき。 - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

浮気相手と別れて終わりではない、と心得るべき。

- good

恋愛セラピストあづまです。

女性の方の相談を数多く受けていますと、

「彼は浮気相手と別れてもう終わったと考えているようだ」
「それで終わりにしているのが許せない」
「また同じことが起こるのではないかと思って不安」

そういう意見が多く聞かれます。

特に、男性の側が複数の女性との関係を持っているような「浮気症」の場合、心理セラピーを含めた、根本的な取り組みが必要になることはもちろんですが、それが済んだとしても、

「元に戻ってやり直せるかどうか分からない」
それが、女性の側の正直な感覚でしょう。


何がいけないのか。

それは、お互いの心の絆です。

よいところも、弱いところも、両方とも認めあえる関係。
ごまかしのない、まっすぐに向き合っている関係。

不安があるときには、フタをしたり抑えたり、怒りに化けた感情を表現したりするのではなく、正直に不安な気持ちを言い合える関係。

失敗しても、責め合うのではなく、支えあえる関係。


そういう関係性があるかどうか、ということです。


男性目線で言うと、女性の側にも未熟な点があることが多々あります。
自分の気持ちをきちんと素直に言葉に出来なくて、勝手に男性に期待していて(でも言わず)、そのくせ叶えてもらえないと不機嫌になる、みたいな、男性から見るとやりにくい女性が結構いるのも事実です。

それでも、そういう点をただ指摘するのではなく、繰り返し「何かしてほしいことある?」と問いかけを続けて、彼女が自分の想いを言葉に出来るような、そういうふたりの関係を育てることが大事なのです。

そういうところまで、しっかりと関係を育てて初めて、
浮気の問題が解決したと言えるのです。


決して、
「別れたからもういいだろう? 昔のことを蒸し返すな」
とは考えませぬよう>こういう状況にある、男性の皆さま。

「男性向きのアドバイス:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

出来事に、堂々と対応できる自分になろう 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/09/28 14:00)

男が浮気相手に選ぶのは「○○な女!」 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2013/06/22 20:00)

夫(彼)の浮気のあと苦しいのは共依存だからなのか? 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/11/04 21:00)

【相談実例】主人とのセックスがイヤなんです… 久保田 優子 - 離婚アドバイザー(2012/10/06 11:42)

許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/08/17 14:00)