ターゲット顧客の設定 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ターゲット顧客の設定

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はターゲット顧客についてのお話です。

経営戦略の事業ドメインやマーケティング戦略などについて議論する際の重要なポイントの一つがターゲット顧客。

つまり、自社にとって一番重要な顧客が誰なのかということです。

「顧客満足度向上」「顧客志向」「顧客第一主義」などが流行り言葉になっていますが、実際にこのことを実践しようとすれば、おのずとターゲットとする顧客は絞らざるを得ないはずというのが基本的な考え方です。

自社にとってのターゲット顧客を設定するとともに、忘れてはいけないのが、顧客の視点で見たときに、ターゲット顧客になり得るのかということ。

自社の商品やサービス内容、競合他社の状況を踏まえた、ターゲット顧客設定ができているのかを検証する必要があるということです。

よくあるのは、自社だけの思い込みや希望だけで、ターゲット顧客を設定しているケース。

ターゲット顧客を設定することそのことが目的ではありません。

ターゲット顧客を設定し顧客を絞り込むことで、「顧客満足度向上」「顧客志向」「顧客第一主義」を実現し、競争を勝ち抜くことが目的のはずです。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

世代交代(2016/11/17 09:11)

業務の効率化や標準化(2016/10/27 10:10)

このコラムに類似したコラム

日本版顧客満足度指数 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/05/10 09:33)

自社は顧客からどのように見られているか 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/03/10 08:13)

自社のことを知る 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/05/09 11:17)

顧客の視点 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/18 10:35)

顧客志向 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/02/29 10:29)