忙しきは心をなくす。 - 恋愛・結婚の不安 - 専門家プロファイル

天里 美月
天里美月 株式会社LUNATISS 代表取締役
東京都
イメージコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

忙しきは心をなくす。

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 恋愛・結婚の不安
開運総合

お久しぶりです。天里美月です。

二回目の更新でありながら、久々の更新になってしまいました。申し訳ありません。

年末から、三月のこの時期は、私のようなフォーチュンテラーにとっては年間で一番お仕事を頂ける期間です。

暦が変わり、節分となり、卒業や進学、就職、異動、配置換え・・・と、日本人にとって最も変化のある時期ですから、当然と言えるでしょう。

私も今まで以上に沢山の方と出会い、鑑定をさせて頂くこととなり、心から感謝をしております。

さて、こんな時につい人は「忙しい」とか「慌しい」なんて言葉を使ってしまいますが、言葉は「ことのは」「言霊」です。

言葉が人を、そして状況を、更には運勢までも作り上げて行きます。

放った分、良くも悪くも、ブーメランのように自分にはね返ってしまうのです。

「忙しい」・・・は心を亡くす、滅ぼす。と、「慌ただしい」・・・は心を荒らすと書きます。

これに代わる表現を考えて、使ってみませんか?

えっ?「忙殺」なんて言葉を使っていた??それはとんでもありません!

これらは自分で勝手にリミットを作り、外部をシャットアウトする言葉となり、新たなご縁も撥ね付けてしまいます。

たとえば「充実した時間を送っている」「濃縮した毎日です」なんて言ってみるのは如何でしょうか?

…または、状況が許さずお待たせしたり、やむを得ずお断りをする場合は、せめて、「立て込んでいて申し訳ありません」

のように、何か違う表現を考えてみると共に、一度深く息をし、落ち着いて身の回りを見渡してみませんか?

「忙しい、忙しい」と眉間に皺を寄せてばかりですと、書類のミスがあったり、メールの文面が実に事務的だったり、大事なスケジュールを見落としていたり、帰宅してもイライラして家族に迷惑をかけていたり・・・知らず知らずにしているかもしれませんよ。

年度末ですから、とにかく深呼吸、深呼吸!!

宇宙規模で考えたら、そんなに切迫していても意味がありませんもの・・・。

まずは言霊を生かし、周囲との調和をはかりましょう。


このコラムに類似したコラム

夫が何を考えているのかわからなくて怖い 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/08/13 20:11)

持続力をつける方法(からだ編) 高橋 秀明 - 心理カウンセラー(2014/05/31 07:00)

どんな愛が欲しいのですか? 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2013/10/19 21:00)

【コラムのつなぎ目】4/23 広告にまつわる話 国府谷 明彦 - 厚生労働省認定 産業カウンセラー(2013/04/23 23:26)

脳内整理完了は気持ちが良いです 倍音振動も良好 牧野 俊浩 - 音楽家(2013/04/18 09:02)