【イタリア豆知識】ミモザの記憶 - 外国文化 - 専門家プロファイル

鈴木 美野理
代表取締役
愛知県
留学アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【イタリア豆知識】ミモザの記憶

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国文化

3月8日にイタ リアにいる人は、道行く多くの女性がジャケットやコートにミモザの花束をつけていることに気づきます。たまたま今年、イタリアに居合わせた私もホテルのダ イニングのテーブルに鮮やかな黄色いミモザがたくさん飾ってあるのを目にしました。

この日は、女性 の日(正確には国際女性デー)は欧米各国において女性の社会的、政治的、経済的な権利の獲得を記念する日なのです。最初の国際女性デーは1909年2月 28日にアメリカ社会党の宣言によって行われました。

この日が女性デーと なったのには、1908年の悲劇的な事件がきっかけでした。

ニューヨー クの紡績会社の工員グループが劣悪な労働条件に抗議をしてストライキを行いました。ストライキは数日続きましたが、3月8日に経営者が工場の出口を閉鎖し 工員たちを幽閉してしまったのです。そしてその後、火災が起こり129人もの死傷者が出ました。3月8日はこの悲劇の記憶なのです。

ミモザの花 束をプレゼントすることは世界中で行われていることではありません。

第二次世界 大戦後の最初の3月8日の準備が進められていた時に イタリアのフェミニストたちによって女性の日のシンボルとしてミモザが選ばれたそうです。その日を象 徴する花を探していた結果、芳しい香りのミモザが選ばれました。柔らかくて鮮やかな丸い花に女性の日のシンボルを見出したのはイタリア人女性でした。

そして何より、こ のミモザの花は、ちょうど この季節に花を咲かせます。(あまり高価でないという利点もあります。)女性は胸に付けたり、お店にはミモザを飾ったお菓子や雑貨が並び、街を黄色く彩り ます

このコラムに類似したコラム

【イタリア時間】イタリア人男性 鈴木 美野理 - 留学アドバイザー(2012/02/29 01:00)

カナダで頑張る日本女子たち 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/10/17 00:29)

女性がキャリアアップするためにMBA留学をするべき5つの理由。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/07/29 12:00)

ユーレイル イタリアパスとジャーマンレイルパス 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/02 18:00)

人生を変えるスピーチ 奥村 美里 - 英語講師(2013/08/11 14:30)