中国、経済成長目標、引き下げ! - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中国、経済成長目標、引き下げ!

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

こんにちは!

 

暖かい日と冬の寒さと、日替わりのような日が続いていますね。

天候のボラティリティ(変動性)は、株式市場同様、近年高くなっている気がします。

天候と株式市場の“相関性”は調べたことはありませんが・・・(苦笑)

 

さて、5日、中国では全人代(全国人民代表大会)が開幕しました。

 

その中で、経済成長率の目標を、今までの8%前後から7.5%に引き下げると発表がされました。

 

その他示された目標としては、

 

1.財政赤字のGDP目標1.5%前後に引き下げ

2.消費者物価の上昇率を4%前後に抑制

3.不動産価格の下落促進

 

などが挙げられます。

 

中国は、今まで2ケタ成長が続き、2011年も目標8%前後だったものが、9.2%と好調を維持しています。

 

ただ、反面、不動産が“バブル状態”となっているとともに、インフレが続いているため、中国政府としては、少し成長スピードを減速させ、安定成長に導き、バブル発生を防ぎたいという思惑があるのだと思います。

 

私も、常に中国の「不動産バブルには警戒が必要」としてきましたので、今回の方向性としては間違っていないと思います。

 

ただ、経済は生き物ですし、また中国の旺盛な上昇志向、成長意欲が減退するとは思えません。

 

統制経済のため、先進国に比べ国の意向は反映させやすいとは思いますが、「有り余った資金」と、「格差社会への不満」をうまくコントロールできるかどうかが、ポイントではないかと思います。

 

先進国経済が、本格回復するにはまだまだ時間がかかる中、ある意味、世界経済は“中国頼み”の点は否めないので、ここはうまくソフトランディングしてもらいたいところです。

 

引き続き、中国の動向からも目が離せないですね。

 

 

さて、この時期、これから花粉症の人は憂鬱な日々が続きます(私も医者に行ってきました)。

 

しばらくは、“桜の開花”を楽しみに頑張ってまいりましょう!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「需給ギャップ」広がる! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/03/23 19:39)

金、「商品」「通貨」の2つの顔を持つ。 佐々木 保幸 - 税理士(2010/12/23 01:37)

経済もスポーツも、“アジア”! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2010/11/27 11:54)

資産運用は必要か?~資産運用を始める前に~ 【取材記事】 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/24 14:00)

2015年11月27日上海急落各国株価指数・国債利回り・商品価格週間騰落率 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/29 15:44)