副業の経費ってどうなの? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

副業の経費ってどうなの?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は春一番が吹くそうで。

いよいよ春めいてきましたね。


昨日からの続き、確定申告について。

総合課税される副業について少し補足します。

不動産投資やアフィリエイト、FXなどが該当します。


これらの計算をするに当たって、経費はどう考えるのでしょうか?

仮にこれらの事業を本業として行なっているのであれば

かかった経費は認められて然るべきです。

交通費や書籍代、研修費や備品代もあるでしょう。


が、主業務がサラリーマンである場合、日常的な支払いの中には

当然に生活費へ含まれるものがあります。

普通のサラリーマンが自己啓発的に書籍を買う場合と何が違うの?と

いう説明が合理的にできるレベルであることが大切です。

「〇〇はOK」「△△はダメ」と杓子定規に決まっているのではなく

その実態から考えて正当性があるかどうかがポイントです。


またFXについては市場取引と店頭取引が混在していることもあり

経費の計上についてはかなり慎重にならざるを得ないようです。

市場取引で経費が認められていないのに、

店頭取引で経費が認められる理屈は基本的に考えづらいです。


あまり無理やり経費を突っ込みすぎて税務署さんから逆ツッコミを

受けませぬよう。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

アメリカ確定申告と故人に関する遺産税 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/02/01 13:46)

アメリカ確定申告 子供のデイケア費用クレジット Child Care Credit 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/01/21 22:24)

アメリカ確定申告 と 引越し費用 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/01/15 12:35)

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立、アメリカ経理代行 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/01/24 23:46)

青色申告の届出 高橋 昌也 - 税理士(2012/03/07 01:00)